通勤バッグを軽くしてみる無駄な試み

モバイルIT機器の普及で確かに便利になりましたが、一方で荷物は増える一方です。

  1. スマートフォン(1台という人がほとんどでしょうが私は複数台)
  2. モバイルバッテリー (ANKER PowerCore+ 10050)
  3. 充電用USB-ACアダプタ(Appleの12Wタイプ)

私の場合、スマートフォン以前と比べると上記の3種が増加した3強です。

  1. iPhone 7 ケースを入れると154g ⇢ ポケット
  2. iPhone SE ケースを入れると132g ⇢ ポケット
  3. ZenFone2 ケースを入れると202g ⇢ バッグ
  4. モバイルバッテリーとケーブル(microUSBとLightningの短いもの含めて295g) → バッグ
  5. 充電USB-ACアダプタとケーブル2本で128g → バッグ

すなわち、バッグに入れているものが625gです。はっきり言って重い。

これを軽くかつ嵩も減らすために、モバイルバッテリーを10050mAhのPowerCore+ 10050から、5000mAhでスリムタイプのPowerCore Slimに変更。これがケーブル込で150gですのでおよそ半分になります。さらに、ZenFone2を常時持ちをやめれば(実際、常時必要ないといえば必要ない)、202gが減りますので、バッグに入れるのは、278g。

最初の625gから278gと半減です。さすがにモバイルバッテリーと充電器を持たないわけにはいかない(3.11で勤務先の別拠点で一夜を過ごしたので充電器は不可欠だと認識)のでこれが限界。

ちなみに、もう一つ重いのが長財布。キャッシュカード類やポイントカード、予備のお金をいれています。メイン財布はズボンのポケットです。この長財布が約300gほど。他に、折りたたみ傘(mont-bellの軽量タイプ)、ペンケース、ノート等々が入って合計で元のバッグの重さ850gほどを加えると、実測2.8kgでした。

バッグは800g〜1kgあるのは避けがたいので、まずは3kgを超えないのが限界です。

冷静に考えると、モバイルバッテリーで150g減らしても大したことないのですが、チリツモです。

本にしても、紙をやめてKindleオンリーにしてしまえば本の重さがなくなります。

私は男性ですが、ググってみると日本人の働く女性のバッグの平均重量は4〜5kgもあるそうです。体重の10%ですね。海外はといえば、marie claireの調査では12〜13lbs,つまり5.5〜6kgとな。

いやびっくりです。それに比べれば私の2.8〜3kgって軽いのね。