AUKEY Bluetooth カナル型イヤホン EP-B37

格安シリーズ第2段。今度は、スポーツタイプのカナル型Bluetoothイヤホンです。SONYならばそれなりのお値段は避けられないですが、こちらはAUKEYのEP-B37で、Amazonで2,599円とこれまたSONYの有線式カナル型イヤホンの安いものに近いお値段。

Amazonの評価も悪くはないようで、どちらかといえばかなり良いほうに入ります。

パッケージサイズは手のひらに乗る大きさ。

開けるとポーチと多国語説明書が入っています。中央の箱の中は2つにわかれていて、一つにイヤホン本体、もう片方にはUSBケーブルと交換用イヤーチップが入っています。

ケーブルはきしめん状の平ったいやつなので絡みにくいのが特徴。首の後ろから回して装着します。リモコンは右側に来るAppleスタイル。

ハウジングはこんな感じ。メッシュ状の穴のようでここから盛大に音漏れしそうですがそんなことはなくて、背面から音漏れすることはありません。

付いているイヤーチップは半透明のS/M/L(私はLを装着したのでSとMが写真に写っています)、それと黒い2段ロケットみたいな形状のもの、同じように2段ロケットで耳にフィットするような出っ張りがついたもの。そして用途不明の中央下部のもの。拡大すると下の写真になります。

なんだこれ?

Amazonの商品写真のページにヒントがありました。首の後ろで余ったケーブルをまとめるんですね。まとめるというか長さ調節するというか。

なるほど。

こうやって使うんです。

ハウジングの外側に弱いマグネットが埋め込まれていて、背中同士がくっつきますのでポーチに入れても絡みにくくなります。

リモコンはiPhone用のよくあるタイプです。

もちろんヘッドセットとしても使えます(使ったこと無いけど)。

バッテリーはこのリモコンの中にあるようで、非常に小型軽量なのと引き換えに動作時間は公称で通話時連続4.5時間だそうです。普通にイヤホンとして使っているとどうなのかわかりませんが、まあ大差ないとして4時間。実際には3時間程度かしら?とりあえず通勤往復持ちますって感じでしょうか。

この形状のイヤホンで多くを望むのは無理ですが、せめて7〜8時間は持って欲しいところ。

カナル型イヤホンの常として、耳にあったイヤーチップを取り付けて耳の深くまでしっかり装着しないと本来の音が出ません。

これもデフォルトでは冒頭写真にある2段ロケットチップがついていましたが、小さすぎてポロポロおちるので、半透明のLに取り替えました。

そして、奥までしっかり突っ込むと、値段に似合わぬ音が出ます。

低音は豊かでEDMなどはズンズンきます。高音もそこそこ伸びているのでまあまあいいバランスです。安いので解像度まで期待するのは無理ですが、スポーツイヤホンとしては十分な音を出します。遮音性も高く、何より軽くてじゃまにならないのでGOODです。

付属のポーチもしっかりとしています。バネ状の板二枚が口にセットされていて両端を持って押すとパカリと開くもの。入れやすくて出しやすいです。

全体的には非常にいいと思います。唯一の欠点は、やはりバッテリーの持ち時間でしょうか。公称4.5時間は短いっす。