WiMAX系サービス不要論

結構長い間WiMAX2+モバイルルーターを契約していましたが、先月末をもって解約しました。

最後につかっていたのはGMOです。通信そのものはUQインフラなので問題ないですが、Webでの手続きやメール対応はクズに等しいです。問い合わせをしても忘れた頃に返事が来る始末。まあ来るだけマシなのかも。

それより何より、WiMAX2+ルーターの必要性がなくなったというのが大きいです。無制限プランで月額4,000円近い額。そこまで出すなら、使用中のiPhoneで+1,000円して20GBに増やして、さらに+1,000円でテザリングを追加したほうが安いです。外でガンガンMacBook Airを使うことはほとんどありませんので十分です。

自宅でルーター代わりに使うならそれはありかもしれませんが、はっきり言って自宅で安定的に使うならひかりとかCATVの有線のほうが安定しているので安心して使えます。

独り身でない限りは、平日昼間でも自宅に人が居てネットを使うので回線が必要です。

唯一WiMAX2+ルーターの存在価値があるとしたら、独身の方でしょう。自分以外はネットを使う人はいないわけですから、自宅に帰っても容量無制限でWiMAX2+接続でPCを使えば、あらためて固定回線でのネット接続は不要です。

でも、それくらいかしらん。

しかし、初期のWiMAXは2018年4月にサービス終了(停波)が決まっていてWiMAX2+だけが残る予定だそうです。まあ、速度を考えればWiMAXには存在価値はありませんから。

WiMAX2+が残るからいいじゃんって話も実はありません。WiMAX2+にはギガ放題という使い放題プランがありますが、それも実は制約があります。確かに月間7GB超の速度制限はありません(LTEオプション対応モデルは別で、LTE側で速度制限がかかるとWiMAX2+側も速度制限がかかります)が、3日間で10GBの制限は存在します

とにかく無線のネット接続ではいかなる速度・容量制限もないというのは存在しません。電波は公共の財産ですから特定個人に独り占めさせるわけにはいきませんからね。

ですから、有線ネット接続は自宅には必須なわけです。

そう考えると、WiMAX2+みたいなサービスはもはや存在価値はないでしょう。スマホとは別に外でもガンガンネット接続したい人(仕事など)だけにあれば良いものです。たまに使うくらいならテザリングでOKです。

これから、WiMAX2+を考えている人は今一度考え直しましょう。

  1. 本当に自分にとって不可欠なサービスですか?
  2. 契約期間の縛りは確認して、それに納得できましたか?
  3. 更新期間以外での解約時の違約金は確認しましたか?スマホより高額な違約金なのが普通で2万円台なんてのも珍しくないです。特に契約時キャッシュバックが高くさらに機器代金が無料に近いような美味しい契約は、違約金も格安スマホが買えるくらいにべらぼうな価格です。

よーく考えてください、90%以上の方には不要なサービスだと思います。auなら5GBプランに1,000円追加で20GBプランになり、さらに1,000円追加でテザリング出来ます(2018年3月までは無料)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です