ソファ買い替えの話し

今使っているソファは、今のマンションを買った時に同時に買ったものです。

2.5シーターのもので、座面と背共に羽毛のものでした。

座り心地は抜群でしたが、羽毛はヘタ流のも意外に早い。パタパタと空気を入れて復活させることができますが、それも長年使っているとパタパタした瞬間だけふっくらでして、座るとへにゃ〜。なにより座クッションとか羽毛の量が多いのでめっちゃ重いのです。

2.5シーターでも幅は170cm程度と比較的小ぶりですが、オットマンもあるので、結構スペースを占拠しています。

10年ちょいたつのでいい機会ということで買い換えようと思いまして、随分前から色々探していました。

2シーターで小ぶりのものでいい、圧迫感のないもの。でも、長持ちして所有する満足感もあること。なかなかないんですよね、こういうの。

そしてふと思い立ったのがカリモク60。木製家具で有名なカリモク家具が手がける1960年代復刻版のような家具で、レトな感じとシンプルな感じがなんとも言えません。好き嫌いがあるとは思いますし、重厚な高級感は感じませんが、長い間愛されている家具という雰囲気を持っているものです。

候補に挙げたのは、Kチェア2シーターロビーチェア2シーターです。

どちらもSバネと売れたんですが、Kチェアは全体が薄く作られており座り心地はかなり固め。基本的にある程度硬さがないと座り疲れします。ロビーチェアはボトムにSバネ、それにセパレートで10cmちょいのモールドクッションがついているので、座り心地は固めの中にもソフト感があります。自宅で使うならロビーチェアの方が私や妻の好みには合っています。

ロビーチェアには、ウールナップブラウンという今年いっぱいで廃番となる記事を使ったものがありました。結構良かったのですが、カリモクの良さはあとあと補修して長く使えること。しかし、廃番生地は補修在庫がなくなったら修理不能になります。なので、選んだのはカリモク60の定番中の定番、モケットグリーンです。カリモク60のメインとも言える生地・カラーなので、これが無くなる時はカリモク60の無くなる時(とはオフィシャルショップの店員さんの言葉)ですから、補修でも困ることはまずありません。

モケットは電車やバスのシートにも使われている生地で、肌触りがよくその癖驚くほどの長寿命。意外と汚れ落ちが良いのです。だから電車のシートなど椅子としては非常に過酷な状況に使われる生地なのです。

今のソファは有償で引き取りをお願いしました。

届くのは来週末。

楽しみです。