GARMIN vivofit 4

3月1日に発売されたGARMIN vivofit 4というアクティビティトラッカーです。

私が現在まで愛用していたのはvivosmart HR (HR+) Jです。

これは、一つを除いて非常にいいトラッカーだと思います。特にマラソンとか自転車とかやるわけではないので、そういうデイリーなトラッキングにはぴったり。

ただ、バッテリー使用時間は他のトラッカーと似たようなもので、これは公称4日間。実際には3日間くらいでしょうか。だから2泊3日の旅行だと充電ケーブルをもっていかないといけない。

それに心拍測定はApple Watchがあるのでいりません。

ということで、Apple Watchを使って入ればトラッカーはいらないような気もしますが、Apple Watchには睡眠トラッキングがないのです。

なのでGARMIN。

  • 充電不要の電池式で月単位持つもの。
  • 睡眠モニター必須。
  • データはクラウド蓄積(スマホアプリ内蓄積だと機種変とかでアウトになる)
  • スマホからの通知機能は不要(Apple Watchを超える高度な通知を持つものは他にない)
  • 心拍測定不要。
  • GPSとかも一切不要。

これらの条件をみたすものは以前はvivofit 3だけでした。しかし、あれバンドが最悪。ありゃひどい。しかし、vivofit 4が出るということで調べたらバンドが改善されています。

さっそく、ヨドバシに発注したのは発売3日ほど前。3月1日発売でちゃんと1日に宅配でとどきました。

いつもは黒系なんですが、今回は白。そのうち替えバンドも出るでしょう。

手にはめた写真は、手にも少々アトピーが出ていてキモいのでパス。

心拍センサーがないので、ゆるゆるにはめていてもOK。あせもとかの心配も少なくなります。ソニーのSmartBandのようにトラッカー本体はバンドから簡単に外せますので、汚れたら外して石鹸洗いもOKでしょう。

外部接続や充電のためのUSBの口がなく電池交換はビスを外しますので、当然防水性も高いです。防水レベルは「スイム」なので、しぶき、雨、雪、シャワー、スイミング、飛び込み、シュノーケリングはOK。スキューバダイビングや高速ウォータースポーツは不可です。つまり特別なギアを使わず人体が水を浴びる状況は全てOKですね。

vivosmart HR(+) Jはとてもいいのですが、充電を忘れたり、充電したのを忘れていてつけ忘れて寝てしまい睡眠モニターがとれなかったり。

年に一度だと電池交換を忘れそうですが、まあ、年に一度ですから許しちゃいましょう。