Apple Watchで睡眠管理をしよう

スリープログ目的のGARMIN

今まで睡眠状態の管理は、GARMINのアクティビティトラッカーに頼っていました。睡眠以外のいアクティビティログが全てApple Watchで取れるのに、睡眠だけのためにGARMINを使っていました。

なんと言うナンセンス!

これもApple Watchがネイティブでスリープログの機能を持っていないからだ!

なぜスリープログ?

スリープログは一喜一憂するものではなく、他の行動や出来事・心の動きなどと関連して総合的に心身をできるだけ健常にたもつためのいデータの一つです。また、枕やマットレス・ベッドを変えた時に、気分的にはよく寝たつもりでも、実はログを見ると浅い睡眠ばかりで体動が多い、つまり寝返りが多く寝心地がよろしくないというわけです。

結構参考になることが多いです。睡眠不足(深い睡眠時間の不足)が明らかに体に影響を及ぼす前に気づくことができます。

とはいえ、私のようにアトピっていて睡眠不足って場合は、必殺即効対策法がないのでいかんともし難いところがありますが、傾向をみて少し眠れるようになったとかいう参考データを取ることはできます。あるいは全然だめだめだから、日中の行動や物事の判断にいつも以上に注意を払うなども可能です。

 

実はApple Watchでも出来る

さて、Apple Watchにも実はこの機能がありました。正確に言うなら、スリープログの元データはちゃーんとApple Watchが捉えていてiPhoneに送られていたのです。ただ、ベッドタイムは充電タイムというのがApple Watchユーザーの常識となっていたので、それに私も惑わされていただけす。

Apple Watchにはいかなる細工やアプリも不要で、とあるアプリをiPhoneにインストールするだけです。あとはApple Watchを装着したまま眠るだけ。

そのアプリはこれ。

AutoSleep Watch (360円)

これがまあ、ちょー優れもの。睡眠モニターではGARMINをしのぎます。

ちょっとサンプル画面

これがデフォ画面。睡眠時間(就寝検知〜起床検知の時間から夜中の目覚めを引いた正味睡眠時間)、良好な睡眠、深い睡眠、睡眠中の平均心拍を表示します。良好な睡眠とは睡眠時間・深い睡眠時間・心拍などから計算された良好と思われる睡眠時間です。さらに深い睡眠とは睡眠中の体動の少なさと心拍から計算された深い睡眠時間ですね。これらの検知には個人差があるので、アプリ内で調整可能です。他人と絶対値を比較するものではなく、調整済みの状態において、自分自身の変化を見るためのものです。

上の円グラフを横に引き伸ばしたのがこれ。上の例では、ベッドに入ってから眠っていないと思われる時間が20分。水色の縦棒が動きの多さを相対的に表しています。紫のバーが深い睡眠と判断されたところ。

睡眠時間の目標値(7時間とか)を自分でセットし、それに対してこの日はどれくらい眠ったを示すのが黄色のグラフとバーチャート。

これは良好な睡眠時間の推移です。

こちらは深い睡眠時間の推移。少ないですねぇ、アトピっていて夜中に痒くて目が覚めているからでしょう。

睡眠中の平均心拍。まあ、平均的なところかしら?わかりませんが….

起きていたのに寝ていた(例えば寝る前にソファに寝転がって映画を見ていたとか)と誤検知があった場合には修正できます。上のが編集画面。

編集画面の凡例。

これは調整画面。深い睡眠や睡眠検知の感度調整。実際には、iPhoneに集積されたデータを解析する時点での閾値の調整なので、なんどでも気がすむまで調整できます。

なんかこの画面だけでカッチョイーじゃないですか。

良好な睡眠の推移です。より長いタイムスパンで見ることができます。

同じく深い睡眠の推移。

こちらは睡眠中の平均心拍の推移。

凄いだろう!

どうですか?360円でこれです。

Apple Watch Series 2/3ユーザーならぜひ買うべきです。

充電はどうする?

Apple Watch Serise 2/3は朝6時ごろから23時ごろまで装着していても70%程度は残っています。6時間の睡眠中(通知はこないようにiPhoneのおやすみモードをセット)していると、7%程度しか消費しません。

なので、寝る前のバスタイムなどにフルチャージします。

これで朝出かける時には92%程度で出発できます。それでも不安という場合は、起きたらすぐにチャージすること。ただし、出かける前の再装着を忘れずに。この再装着リスクがあることを承知する必要があります。Suicaを入れていると定期券で乗車できなくなります。