XD DESGINのBOBBYというリュック 〜つづき〜

XD DESGINのBOBBYというリュック」で紹介したリュックの話のつづきです。

数日使ってみた現実的な感想です。

セキュリティと利便性は同時には成り立たない

当たり前なんですよね、これ。でも、実感できます。

普通のリュックは外側やサイドにポケットが結構あってちょっとものをしまうのに便利にできますが、背中側から簡単に内容物にアクセスできてしまいます。手軽に出し入れできるというのは、所有者だけではなく第三者にとってもそうだということです。

すわなち便利だけどセキュアではない。

一方BOBBYはどうかというと、背負ってしまうと外側には中身にアクセスできるファスナーはありません。どこを触っても中身にアクセスできず、防刃なのでカッターナイフ程度ではきれないので、なおのこと中身にはアクセスできません。しかし、所有者ちょっと中身を出し入れしたい時でも、リュックを外してちょっと開けにくいファスター使って開かないと中にはアクセスできない。

すなわりセキュアだけど不便。

もう一つ、中のポケットはベルクロ付きの蓋(フラップ)が欲しいということ。たとえば会社のIDカード(私の勤務先は電子ロックの解鍵キーも兼ねています)をしまうのには、何か他のものを出した時にともづれで引っ張り出されて落としたりしないように、防護策としてカバン内部のファスナーポケットとかにしまいたいわけです。が、これにはそれがない。

リュックの常として小物をたくさん入れると底にたまってしまうということ。このリュックは下の写真の通り、背側にPCやタブレットを入れるプロテクタ付きのエリアがあり、反対側には底部分に二つポケットがあるだけ。あとは上部にファスナーがありますが浅すぎてストラップ付きIDカードは入りません

唯一、ファスナーの向こう側がポケットになっていますが、マチがないのでテッシュくらいしか入らないです。

絶対いらないと思ったが写真にもあるペンフォルダ。私の場合、小型のペンケースをもちますのでこんなところに入れるものは何もない。全くの無駄。

XD DESIGN BOBBYは正直なところ、価格の割には使いにくいです。ただ、生地と作りがしっかりしているのでしっかり自立しますのでそれはGOOD。どうせ自立するなら底鋲が欲しいところです。今はベターっと床に着いてしまいます。

このままでは使いにくいので、バッグinリュックで良さげなものを物色しないといけません。

ある程度の大きさのものをがさっと入れるならOKですが、日常小物をあれやこれやとなると厳しいかもです。