成田空港第1ターミナル ANA ARRIVAL LOUNGEの話

エアラインラウンジ

航空会社のラウンジというと、制限エリア内にあって、国際線だと食べ物やお酒が沢山ありシャワールームもあり…というのが一般的で、国内線だとやはり制限エリア内にあってソフトドリンクに、ビールとウィスキーなどがありおつまみ的にあられがあるだけ、あとはコンセントとUSB充電ポートがある!というのが同じく一般的ですね。

確かにJALにせよANAにせよ、ほとんどの日本の空港にあるラウンジはその通りだと思います。ただし、誰でも利用できるわけではなく、各航空会社のマイレージ上級会員か、JALやANAの国際線ならプレミアムエコノミー以上、国内線ならJALファーストクラス、ANAプレミアムクラス利用者、そして各社のアライアンスの上級会員が利用できます。

成田の異端児ラウンジ

そんな中で異色なのが成田空港第1ターミナルのANA ARRIVAL LOUNGEです。

成田空港は当初から国際空港として整備されてきており、羽田のように国内線ターミナルと国際線ターミナルの両方があるわけではなく、国際線の接続的に運用されている国内線には、国際線ターミナルの端っこが割り当てられています。ANAであれば、第1ターミナルの南ウィングの端っこのほうにあります。

成田空港にも、当然、国際線出発客用にはANA LOUNGEとANA SUITE LOUNGEがありますし、JALならサクララウンジとファーストクラスラウンジがあります。国内線用にはJALはサクララウンジのみが制限エリア内にあります。

ここまでは同じですが、違うのはANA ARRIVAL LOUNGEです。ANAの国内線用のラウンジはありません。代わりに保安検査前の一般エリアにANA ARRIVAL LOUNGEがあります。一般エリアにあるからといって誰でも入れるわけはなく、利用対象者は普通のANA LOUNGEと同じです。ただし、その資格を持ったANA国際線からの到着客とANA国内線の出発客が利用できるようになっています。

つまり、ラウンジの中には海外から戻ってきた人と、これから国内線でどこかに飛ぶ人が混じっているわけです。そういうこともあって他と違う点があります。

  • 軽食が用意されている(ミニサンドイッチ、ミニおにぎりなど)
  • アルコールの種類は少なめ
  • シャワールームがある(国際線用のラウンジには普通にある設備ですが、国内線客も使えるところに無料で使えるシャワールームがあるのはおそらくここだけでは?国際線乗り継ぎではない国内線利用者で使う人はいないと思うけど)
  • 制限エリアの外にある(なので、ぎりぎりまでゆっくりしていると保安検査待ちに巻き込まれて乗れなくなったりするので要注意)

実際のANA ARRIVAL LOUNGE

実際のARRIVAL LOUNGEの様子を撮った動画をYouTubeにあげてありますのでご覧ください。

一見同じなんですが、一般エリアであることにご注意ください。また動画の中でミニおにぎりとミニサンドイッチを食べていますね。アルコールは飲んでいませんけどね。

チャンスがあれば是非利用してみてください。