閉鎖されたルートですが、JALマイルからANAマイルへの交換したらとても時間がかかった話

閉鎖されたルートですが、JALマイルからANAマイルへの交換したらとても時間がかかった話

LINEポイントからANA ToMeCARD ソラチカカード ポイントへの交換ルートが閉鎖されて久しく、比較的高効率でのLINEポイントからの交換ができなくなりました。ルート閉鎖前に試しに交換したのですが、とんでもなく時間がかかりましたという話です。

JALマイルからANAマイルへ

閉鎖されたLINEポイント経由

以前にも書いたことがありますが、JALからANAのマイル交換は等価の訳はないですが不可能ではありません。それはソラチカルートがなくなった今でも可能なのは可能です。

上の図で今閉鎖とってしまったのは上図に示した青い矢印のルートです。

  • JALマイル→JRキューポ(100%)
  • JRキューポ→Gポイント(100%)
  • Gポイント→LINEポイント(100%)
  • LINEポイント→ソラチカポイント(90%):閉鎖されました
  • ソラチカポイント→ANAマイル(90%)

このルートでの交換効率は81%です。

LINEポイント経由でかかった日数

実際にこのルートを使ってみると驚くほど時間がかかりました。

 

日付

⊿DAY
JALマイル→JRキューポ 交換申請

11月8日

JRキューポへ交換完了11月10日2日
JRキューポ→Gポイント 交換申請11月10日
Gポイントへ交換完了11月12日2日
Gポイント→LINEポイント 交換申請11月13日
LINEポイントへ交換完了 11月15日2日
LINEポイント→ソラチカポイント 交換申請11月15日
ソラチカポイントへ交換完了12月11日26日
ソラチカポイント→ANAマイル 交換申請
(一回上限20,000ポイント、1回/月が限度)
12月11日
ポイント移行完了01月08日28日

交換に要した合計所要日数はなんと60日、つまり2ヶ月です。

さらにソラチカからANAがへの交換は1回20,000ポイントが上限で、なおかつソラチカからANAマイルへの移行は毎月1回のみとなります。続けて交換したい場合は、翌月中旬以降の申し込みでないと受け付けられない。

LINEポイントからソラチカへの交換ルートは閉鎖されましたが、ソラチカからANAマイルへの交換は現在も可能ですので、何らかの方法でソラチカポイントを沢山ためているかたはANAマイルに交換できます。

やってみてわかったのは、このルートは効率(交換レートではなくかかる所要日数という意味での効率)が恐ろしく悪いです。LINEポイントまでは一週間もかからなかったのに、そこからおよそ2ヶ月もかかりました。

なくなってしまったとはいえ、効率は81%で悪くないのに、あまりにも時間がかかりすぎるし上限1ヶ月20,000ポイントは厳しいですよね。

残ったJAL→ANAルートは?

moppyからなら75%のレートでANAマイルになりますが、JALマイルをmoppyに効率良く持っていくルートが見当たりません。

Gポイントまではそのままのルートで、そこからTポイント経由すると効率は50%に落ちます。

Gポイントを直接ANAマイルにするのは以前は33%でしたが、現在は50%になっていますのでTポイント経由と同じ。

ちょっとややこしいのがSMBC VISAのワールドプレゼントポイント経由。
Gポイントまでは100%で、そこからワールドプレゼントは500Gポイントが100ワールドプレゼントPになります。そして100ワールドプレゼントPが300マイルになる。つまりJALの10,000マイルが10,000Gポイントになり、それが2,000ワールドポイントになり、そこから6、000ANAのマイルになる。

つまりSMBC VISA経由だと残ったルートで一番効率が良い60%です。

ただし、SMBC VISAカード所有が前提ですが、ANAカードをSMBC VISAにしておけば無問題。ANAカードが他ブランドだと別途カードが必要になります。

まとめ

今は閉鎖されたがLINEポイント経由でJAL→ANAマイルにすると、レートは81%で悪くないが2ヶ月もかかり、なおかつ20、000ソラチカポイント/月が上限。

GポイントからANA、あるいはTポイント経由ANAだと50%レート。

GポイントからSMBC VISA ワールドプレゼント経由だと60%で残った中で高効率。

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事