SFC修業・JGC修業の国際線修業は冬の時代に突入か?

SFC修業・JGC修業の国際線修業は冬の時代に突入か?

新型コロナウイルスの沈静化見通しはまだまだ先のようで、各国ともに入国制限や入国後の自主隔離など厳しくなっています。当然、JGC修業、SFC修業への影響は不可避となりました。

シンガポールは14日以上の自主隔離必須に

SFC修業、JGC修業(FOP修業)のメッカともいえるシンガポールですが、ついにその日が来ました。

From 16 March 2020, 2359 hours, all travellers (including Singapore Residents, Long Term Pass holders, and short-term visitors) entering Singapore with recent travel history to ASEAN countries[2], Japan, Switzerland, or the United Kingdom within the last 14 days will be issued with a 14-day Stay-Home Notice (SHN).[3] In addition, they will have to provide proof of the place where they will serve the 14-day SHN, for example a hotel booking covering the entire period, or a place of residence they or their family members own. They may also be swabbed for testing for COVID-19, even if asymptomatic. This is because of the risk of community transmission in these countries and evidence of cases that have been imported from these countries into Singapore.

要約しますと、

3月16日23時59分から、過去14日以内にASEN各国・日本・スイス・英国の渡航歴があるの全ての入国者(シンガポール住民を含む)は14日の自主隔離(Stay-Home Notice [SHN])が必須となります。さらに自主隔離先がホテルである場合は、14日以上をカバーする予約の証明が必要となります。

ということですね。ざっくりいうと。

いつまでという期限は明らかにされていませんので、何日というレベルでは収まらず、月単位での制約になると推測します。

新型コロナウイルスがまもなく沈静化が予期されるような状況にならないと、こうした制約が解除される見通しは暗いと思われます。

修業の見直し

直近ではこういう記事を書きました。

シンガポールが入国後の制約を果たしたことで、シンガポール観光旅行や修業は事実上不可能になりました。

ただし、JALの回数修業では国際線は修業としては使わないのが普通ですので、継続問題なしでしょう。ただし減便などがあり、またレグ単価も上がる可能性の覚悟は必要です。

JALの状況

JALは本記事執筆時点(3月16日)では新しい情報はありません。

乗期間:2020年2月28日(金)〜4月5日(日)
対象路線:日本記事執筆時点(3月16日)本航空で発券された131で始まる日本発着全便の航空券
対応方法:払い戻しまたは予約変更(4月20日までの期間で1回だけ)

ANAの状況

同じく本記事執筆時点(3月16日)の情報です。

搭乗期間:2020年2月28日(金)〜4月5日(日)
対象路線:日本記事執筆時点(3月16日)本航空で発券された205で始まる日本発着全便の航空券
対応方法:払い戻しまたは予約変更(6月30日までの期間で1回だけ)

JALとは予約変更の場合の期間が違いますのでご注意ください。

修業の対応

こういう状況ですので、少なくとも今年前半は明るい材料はなさそうです。

方法1:

国内線修業に切り替える
修業鉄板路線である沖縄線でも3月中の一部期間で那覇発が減便されています。
4月以降は未発表ですのでどうなるかわかりませんが、減便可能性は残ります。
予約競争も厳しくなります。
すべて国内線にすることでPP単価・FOP単価が上昇するのも不可避だと思いますので、修業予算に補正予算を盛り込む必要も出てくるでしょう。

方法2:

修業は来年にする。
筆者としてはこちらをおすすめしたいところ。
来年は大丈夫という保証はまったくないのですが、新型コロナウイルスの沈静化が見えてこない以上、また日本では沈静化が見えても欧米でも見えてこない以上、再感染蔓延の危険は来年のほうがすくなかろうという希望的観測です。
今年後半に様子を見ながら予約を入れているのがよろしいかと思います。

まとめ

シンガポールでは3月16日23時59分以降、全ての入国者に対して14日以上の自主隔離が必要となった。ホテル滞在では14日以上の予約証明が必要となる。

シンガポールを含んだJGC修業やSFC修業は当面不可能になった。

対案は2つ。国内線修業への転向(費用見直し必須)、来年に延期。

JGCの回数修業は継続で問題ないが各地減便されているので、スケジュール確認と費用再確認が必要。

SFC修行/JGC修行カテゴリの最新記事