[STAY HOME, SAVE LIFE] 自宅お篭りで楽しめることを考えてみようよ!<1>

[STAY HOME, SAVE LIFE] 自宅お篭りで楽しめることを考えてみようよ!<1>

COVID-19(新型コロナウィルス感染症)は拡大一方で今のところ終わりが見えません。世界共通キーワードは「STAY HOME, SAVE LIFE] です。自宅お篭りで楽しめることはなんでしょう?千差万別だと思いますが、筆者の場合を考えてみました。みなさんも何か考えて積極的に楽しみましょう!

長くなりますので分割記事といたします。

メッセージ:STAY HOME, SAVE LIFE

今は世界共通のキーワードであります。

自宅に籠もることで他人から感染しない、ひょっとして自分が無症状感染者かもしれないので他人にうつさない、これが大切な人や他の人の命を救います。もちろん自分の命も。

しかし、世の中にはコロナに立ち向かう医療従事者をバイキン呼ばわりしたりする心無い人が居るようです。自分が感染したら、あるいは自分の大切な人が感染したとしてもやはりバイキン呼ばわりするのでしょうか?

医療従事者や社会インフラ・物流を守る人たちを応援しよう。

元は神奈川県のメッセージですが、当ブログでは医療従事者以外も含めて社会インフラ維持など欠かせぬ仕事に従事する方を「コロナファインターズ」として応援します。

筆者の近況

あまり細かいことは書けませんが、COVID-19の影響により当面(まずは今月いっぱい)は在宅勤務となりまして、片道1時間をちょい超える通勤時間がゼロになりました。

通勤がないってこれほど体が楽なのか!今までどれほどの時間人生をドブにすてていたのだろうか!

ただ、ずーっと通勤ゼロ時間というのも考えもので、電車に乗らないで10分くらい歩いたところで仕事するくらいがいいのかもとか感じています。

休日はたまの通院とか食品買い出しなどの止むを得ない外出以外は自宅の巣篭もり生活。
たっぷりありあまる自分の時間ができちゃいました。
どうしましょうか?

実は、妻と私は2人とも一人っ子、オンリーチャイルドであります。
一人っ子ってのは一人で時間を潰す・過ごすのが苦にならない人が多いのです。
むしろ人付き合いが苦手な傾向があり、飲み会だと一次会が終わるといつの間にかいなくなるのが一人っ子
なので、一人で自宅で過ごすのはさして苦痛でもありません。

こういう状況・背景の筆者が自宅での過ごし方を考えてみました。

読者のみなさまで若い方、活発な方、多くの人と交流するのが好きな方とはかなり異なる嗜好・状況であることをご承知おきください。

自宅巣篭もりで何をして過ごすか?

ブログ記事を書く

読者のみなさまには拙ブログを読んでいただき感謝・感謝!です。

当ブログは延々毎日と記事をアップしておりますが、この毎日が想像以上に大変です。ネタがあればいくらでも書けますが、ネタがない時は辛い。

難点:通勤や所用、あるいは風景写真撮りに外出したりすると、いろいろ見聞きするのでネタも仕入れられますが、いかんせん自宅に閉じこもっていては限界があります。

これは筆者のように毎日更新するブログを持っている場合は、ある意味仕事じゃないけど仕事みたいなものです。

まずは「ブログ記事を書く」ってのが筆者の場合の巣篭もりでやることの筆頭。
仕事の次にやらねばならないことと言い換えてもいいです。

ペットと遊ぶ

我が家のペットはラグドール(メス12歳)<写真上>、被毛や体格・性格からしてスノーシューに違いない保護猫(オス3歳)<写真下>がいます。昔は実家で犬を二世代に渡り飼っていましたのいで犬も大好きです。

こんな二匹です。

犬の場合は、犬種や性格にもよりますが犬と遊ぶというのはありですし、実際犬は人間と遊んでくれます。

しかし猫という生き物は自分を中心に生きていますので、買い主に遊びをせがむことはあっても、買い主と一緒に遊ぶということはまずありません。知らん顔して寝ているのがオチですかね。

犬は人間と遊んでくれるけど、猫は人間を自分と遊ばせる。

それでもスノーシューもどき君のほうは遊び好きなのでまだ良いほうですけど…

どうもペットと遊ぶというのは時間つぶしとしてはイマイチです(苦笑)

楽器の練習する

キーボード(ピアノ)

このところ忙しくて遠ざかっていますがYAMAHAのシンセサイザー MOXF6と、電子ピアノ(兼88鍵MIDIキーボード)を持っています。

万人受けする時間つぶしとはいえませんが、楽器を練習するというのはありだと思います。

時間はたっぷりあります。休日はもとより勤務日も一日2時間を超える通勤時間が浮きますから。

バイオリン

これは最近始めたばかり。

ドラマ「G線上のあなたと私」に触発されたわけではないですが、まあきっかけの一つ。
まえからバイオリンってやってみたいと思っていました。

このトライアルレッスンに申し込んだのですが、2回のところでコロナのために教室当面中止。
仕方ないので、独学書を買い込みましたが、実はYouTubeで良い教材がありました。

バイオリンは簡単そうで実は基礎が非常に難しい楽器だとやり始めてわかました。

もちろんバイオリンも買いましたよ。
YAMAHA サイレントバイオリン YSV-104Sです。バイオリン本体に弓、ケース、松脂がセットになっています。これにKORGのチューナー(調弦用)を買いました。

なんせ普通のマンションですからアコースティックバイオリンは無理。
やってみるとわかりますが、単独で狭い部屋で聞くとアコースティックバイオリンは想像以上にでかい音です。

なかなか楽しいですよ。

前述の動画は非常にわかりやすく基礎で重要なポイントをわかり易く説明しています。
音声の収録具合もよく動画も高品質で見やすいです。

ウィンドシンセ

以前はAKAI EWI-USBでしたが、あまりにもUSBが鬱陶しいのでEWI-5000を以前に買いました。こいつは単独でも音が出せる(イヤホンとかいりますけど)し、Wifiで飛ばすこともできます。

運指もリコーダータイプが基本(サックス風にもできます)ですし、フルートのように音を出すのも一苦労なんてことはありません。吹き込めば音がでます。

とっつきが簡単な楽器は奥が深いというのは事実で、普通に簡単な曲ならすぐにでもふけるようになりますが、T-SQUAREの伊東たけしさんのように高度な演奏ができるには当然ですが相当な訓練が必要かと思います。

でも、とりあえず普通に音が出せて簡単な曲なら演奏できるから楽しい。

簡単に取り付きやすい楽器ということではおすすめできます。
小学生時代にリコーダーとか皆やっているじゃないですか?
まずはリコーダーのノリでいかがでしょうか?

第1回目のまとめ

楽器の練習をするというのは、時間がたっぷりあるときには非常によい。普段は忙しさに紛れてつい練習を怠りがちですが、自宅お籠りの今だからこそチャンスです。

あるいは、これを機に何か楽器に取り組んで見るのもいいですよ!

住まいと日常カテゴリの最新記事