Unihertz Jelly Pro の後継機 Jelly 2 発表!Rakuten miniと比較

Unihertz Jelly Pro の後継機 Jelly 2 発表!Rakuten miniと比較

現時点で世界最小・最軽量のおサイフケータイスマートフォンといえば、当ブログでも紹介したRakuten miniですが、元祖世界最小といえばUnihertz Jelly Pro。Unihertzはその後継機Jelly 2を発表しました。

前任機 Unihertz Jelly Pro

前任機のJelly Proがどういうスマートフォンだったのか….ちょうどITmedia Mobileに紹介記事がありました。

基本仕様

OS:Android 7.0
ストレージ:RAM2GB、ROM16GB
バッテリー:950mAh
CPU:MediaTek MT6737T(1.1GHz 4コア)
ディスプレイ:240×432、2.45インチ
カメラ:アウトカメラ800万画素、インカメラ200万画素
大きさ:92.4 x 43 x 13(mm)
重さ:60.4g
防水・防塵:非対応
指紋認証:非対応
発売:2017年5月にKickstarterで出資者募集開始

当時世界最小で話題になったのを記憶していますが、まあ、いくら世界最小でもスペック的にはひ弱すぎますね。

その後、タフネス世界最小スマートフォンUnihertz ATOMを送り出しましたが、あれは相当強化されていました。

ただ、小さいのには限界があって、あれでメールやLINEを打つってのは相当ストレスが溜まるので、ひたすら音声認識頼みになります。

Jelly 2

さていよいよJelly 2です。

Jelly Pro と比較は多いので、ここは一発Rakuten miniとスペック簡単比較。

Rakuten miniJelly 2
大きさ106.2 x 53.4 x 8.6mm95 x 49.4 x 16.5mm
重さ79g不明
CPUSnapdragon 439Helio P60
OSAndroid 9Android 10
ストレージRAM 3GB, ROM 32GBRAM 6GB, ROM 128GB
外部メモリ ×microSDXC
バッテリー1,250mAh2,000mAh
ディスプレイ 1,280 x 720
3.6インチ
480 x 854ピクセル
3.0インチ
カメラアウト 1,600万画素
イン 500万画素
アウト 1,600万画素
イン 800万画素
おサイフケータイ×
SIMeSIMDSDV対応

小ささとスペックの充実度ではRakuten miniは完全に負けています。

Jelly 2はすでに先行レビュー動画がありました。

 クラウドファンディグは例によってKickstarterで、ファンディング開始日当はアナウンスされていませんが通知を受けることはできます。

無理な話でしょうが、おサイフケータイさえ対応してくれればねぇ、マジで買いますがな。

まとめ

クラウドファンディングでスタートするUnihertz Jelly 2はRakuten miniの2倍近い分厚さであるが、水平においたときのフットプリントはJelly 2のほうが一回り小さい。

スペック的にはほぼ完全にJelly 2の圧勝。もちろんLTE-B1も対応しています(笑)

Rakuten miniに比べて劣っている唯一の点はおサイフケータイ非対応なところ。

 

モバイルカテゴリの最新記事