■警告■ 楽天モバイルの通話無料は「電話番号リンクの罠」に注意せよ!

■警告■ 楽天モバイルの通話無料は「電話番号リンクの罠」に注意せよ!

楽天モバイルが提供する料金プラン「Rakuten UN-LIMIT 2.0」の特徴の一つが「国内通話かけ放題」というのがあります。Rakuten miniを1円で入手していい気になって電話していると、月末の料金見てびっくりなんてことになりますのでその警告です。

Rakuten UN-LIMIT 2.0の特徴

データ使い放題

キャッチフレーズは、

日本全国どこでもデータ使い放題

です。しかし当然条件があります。

楽天回線エリア:高速で完全使い放題。
パートナー(au)回線エリア:最大5GB/月、超過後は1Mbpsで使い放題。

楽天回線エリアを確認する
https://network.mobile.rakuten.co.jp/area/?l-id=un-limit_area_02

少しずつ増えていますが、楽天回線エリアはめちゃくちゃ狭いです。
基本は首都圏の一部、名古屋地区の一部、京都・大阪・神戸の一部等々。
パートナー(au)回線で5GB/月まで使えますからまだ救いがありますが…..。

実質は5GB/月でオーバーしたら速度制限プランと思っても大きく外さないと思いますよ。

速度の方ですが、筆者自宅内(パートナー(au)回線エリア)でGoogle Speed Testで調べたらこんな感じ。

Rakuten Linkアプリ 国内通話かけ放題(罠あり

これが一番注意すべきことです。

ブラウザの電話番号リンクやAndroidの電話帳から発信すると、Rakuten Linkアプリではなく通常電話で発信され30秒20円で課金されます。

国内通話かけ放題の恩恵をうけるためには、Rakuten Linkアプリ内から発信しないとだめです。

筆者は、とある要件でRakuten Mobileのサポートに電話しました。

電話番号 050-5434-4653
営業時間  9:00 ~ 20:00 (年中無休)
Rakuten Link以外(固定電話を含む)での発信は、通話料が発生いたします。

ブラウザやmyRakuktenモバイルアプリから開くと、この電話番号部分がリンクになっていて、タップするとダイヤルされます。スマートフォンでは普通に使う機能ですよね。

上の赤枠部分の電話番号をタップするとダイヤルされて繋がります。

電話番号リンクをタップするとRakuten Linkは使用されず、通常発信となるため30秒20円の料金が発生する。

当たり前といえば当たり前ですが、電話番号リンクがあればついタップして電話しますよね。
電話番号タップは普通に身についてしまった習慣なので、要注意です。

海外66の国と地域 グローバル無料

新型コロナウイルス感染拡大により、自由に海外旅行できるのは当面無理になってしまいましたので、今の時点では関係ないといえば関係ない。

対象国・地域
アイスランド、アイルランド、アメリカ(ハワイ)、アメリカ本土、アンドラ、イギリス、イタリア、インド、インドネシア、エストニア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、カンボジア、韓国、キプロス、ギリシャ、グアドループ、グアム、クロアチア、サイパン、ジブラルタル、シンガポール、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、タイ、台湾、チェコ共和国、中国、デンマーク、ドイツ、トルコ、ニュージーランド、ノルウェー、ハンガリー、フィリピン、フィンランド、ブラジル、フランス、フランス領ギアナ、ブルガリア、ベトナム、ペルー、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、香港、マカオ、マルタ、マルティニーク、マレーシア、南アフリカ、ミャンマー、メキシコ、モロッコ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルーマニア、ルクセンブルク、レユニオン、ロシア(2020年3月3日時点)

料金について

Rakuten Link利用時:
対象地域から日本へ発信/SMS送信:0円
海外/日本から海外:従量課金

これも0円メリットがあるのは、Rakuten Link利用時のみです。
国内通話とちがって間違えるととんでもない請求がきますので厳重注意。
はっきり言って一定時間通話チャージがある現地SIMを買うことを勧めます。

まとめ

楽天回線エリアはめちゃくちゃ狭い。

通話料・SMS無料になるのは、Rakuten Linkアプリを使ったときだけ。通常の電話発信やメッセージだと課金されるので特に海外ではめちゃくちゃ高価になるので要注意。

ブラウザなどの電話番号リンクをタップすると通常発信となり30秒20円で課金されるのでこれも注意。

海外だと間違えて普通に日本へ電話をかけることになり、超高価な料金請求になりかねないので厳重注意。無料の甘い言葉にとらわれることなく、海外では一定時間無料の国際通話付き現地SIMが無難。

他の人に電話で使わせるときは、通常発信やブラウザの電話番号リンクをタップするのになれているので、あとから課金で泣きをみるため絶対使わせないのが無難。

モバイルカテゴリの最新記事