楽天モバイルは絶対使うな!最悪のサポートだ!(第3報)

楽天モバイルは絶対使うな!最悪のサポートだ!(第3報)

過去2回楽天モバイルのサポートの酷さについて書きましたが、問題は4ヶ月近くたっても全く解決しないので、これ以上楽天モバイル被害者を増やさないためにも、第3報の記事を書いておきます。

事のおこり

世間の記憶から消えつつあるかもしれませんが、事のおこりはRakuten miniの対応バンド黙って変更騒ぎです。

筆者が申し込んだときのWeb掲載スペックはLTE-B1対応でした。

しかし、届いた現物のIMEIから調べると、なんとLTE-B1非対応。

楽天に言わせると「楽天モバイルを使うには問題ない」というのです。それはわかっていますが、そもそもスペックと違うものを1円とはいえ買わされたわけで、申込者に無断でスペック チェンジしたものを押し付けたのです。その結果総務省のお叱りをまたしても受けたわけですね。

経緯

1・2回目は電話

えらく待たされて、つながったらつながったで話が通じない(多分事情をちゃんと教えてもらっていない派遣社員の方でしょう)。

ようやく話が通じて、LTE-B1対応機への交換を了解して手配してくれるとのこと。

このときは常識的に1週間程待てば来るだろうと楽観的に思っていました。

7月に入っても代品が届く気配がないので、再度TELしました。

交換は承認されて手配はされているが、発送予定などはサポート窓口ではわからないので待て

なんじゃ、それ?

6月12日 本体到着、スペックとは違うことがわかった。
6月15日 【1回目】サポートへTELし交換依頼、交換了承された。
7月3日 【2回目】交換品が届かないのでサポートへTEL。
交換依頼は通っているが、実際の発送処理がどうなっているかサポートでは全くわからないので待ってほしいとのこと。
7月13日 【3回目】糞の役に立たないとはいいつつ、証拠の残るチャットサポートへ。
朝、問い合わせを入れたら22時過ぎに返信
どこがチャットなんだか。
答えは同じで、交換依頼は通っているがそこから先はサポートではわからないのでまっていてほしい、とのこと。

3回目はチャットサポート

上の表にもあるとおり3回目はこちらにも証拠が残るように、悪評承知でチャットサポート。

以下の記事を書いたのが7月15日。

結果は2回目のTELと同じ。

9月末までには届くと思うので待ってほしい!

4回目もチャットサポート

今、一番頭にきているのがこの4回目のサポート(チャットサポート)

10/01 20:16 筆者 約束の9月末まで待ったが全く来ない。
どうなっているのか?
10/03 13:17 楽天
A氏
返信が遅れた件の謝罪と本人確認をしたいのメッセージ
10/03 16:45 楽天
A氏
返事がないので一旦クローズとのメッセージ
10/04 10:48 筆者 延々丸2日近く待たせておいて自分は3時間半しか待たないことへのクレームと本人であることを通知
10/05 16:39  楽天
B氏
待たせたことの謝罪と、オペレーターが変わったので再度本人確認が
必要とのこと。
10/05 22:11 筆者 間違いなく本人だと返信
10/06 11:21 楽天
C氏
別の担当者につなぐから待て
10/06 15:18 楽天
D氏
オペレータが変わったので再度本人確認
10/06 15:19 筆者 間違いなく本人だと返信
10/06 15:20 楽天
D氏
本人なら、契約者氏名・生年月日・連絡先電話番号またはSIM電話番号を返信せよ
10/06 15:22 筆者 要求された情報を提示
10/06 15:24 楽天
D氏
確認するのでしばしまて
10/06 15:41 楽天
D氏
10月末までの配送遅延している。
交換は6/15に確かに承っているので安心せよ。
10/06 15:45 筆者 他地域では7月にはすでに届いているところもあるときく(具体的な地域名を指定)がどうなっているのか、10月末になったら再延期ではないのか?
10/06 15:57 筆者 受付時期・配送先・色などにより時間がかかることがある。
再延期のないように努力する。

届かないことはもちろん腹立たしいです。

しかし、それ以上にこの対応のひどさ。

10月1日 20時16分にチャットで4度目の問い合わせをインプット。
そのまま黙殺かと思ったら、1日半後の10月3日13時17分。
そんなのすぐに気づくわけがないとおもったら、案の定、その16時45分後に返事がないので一旦クローズ。

常識的に考えてありえないでしょう。

筆者:話しかけました。
楽天:1日半沈黙
楽天:「あなた本当に本人?」
楽天:その3時間半後に「返事がないので切るね!」
筆者:翌朝「てめぇ、1日半も返事よこさず、こっちからの返事が3時間なければアウトかよ!
楽天:沈黙

いままで多くのいろいろな商品を買い、ときにサポートのお世話にもなりました。

更にひどいのがオペレータが変わるたびに本人確認するというありえぬ事態。
さらにいうなら、本人確認をしたいというだけではなく、本人確認のためかくかくしかじかの情報を知らせてほしいと最初から言えばよのに、それがないから時間だけかかる無駄な往復になります。
通常のチャットならポンポン進むから問題ないけど、1往復に1日とかかかる電報チャットなので効率いと悪し。

どの会社も程度に差はあれども真摯なご対応を頂きました。

誓って言いますが、こんなひどいサポートは筆者の短くない生涯で楽天モバイルだけです。

読者への重大警告

どんなに魅力的な条件の機器や契約があっても、サポートのお世話になる可能性があるなら絶対楽天モバイルをつかってはいけません

サポートがひどすぎます。

言葉遣いこそ丁寧ですが、その基本的な姿勢にはお客様ファーストでの問題解決の意識をまるで感じることができません。
これは、一人ひとりの担当者の責任ではなく、サポート窓口のオペレーション姿勢(マネジメント)や経営姿勢の問題です。

楽天株式会社の倫理憲章
お客さまの満足の最大化を図ります
私たちは、常にお客さまの視点に立ち、お客さまの満足の最大化を図ります。お客さまに喜ばれるサービスを提供することが社会への貢献につながり、楽天グループの企業価値向上の「大義名分」となります。
出典:https://corp.rakuten.co.jp/about/philosophy/principle/#ethic 

本当ですか?

本音はこうじゃないですか?(↓)

「常にお客様の視点は無視し、お客様の満足の最低下を図ります。お客様が二度と使いたくないと思う最低のサービスを提供することが当社の利益の最大化につながり、楽天グループの企業利益のみの一時的向上の「大義名分」となります。
(筆者の皮肉)

ポートはたしかにコストですが、そこをおろそかにしない企業はちゃんと育ってお客様の信頼を得ています。
ここが、おそらく日本の大企業ではダントツの酷さの楽天モバイルはいずれ早いうちにその存在がなくなると確信します。

グループ企業の楽天市場にしても、頑として二段階認証を導入せず利用者の安全は完全無視

上の記事は「楽天」「二段階認証」でググると結構上位に出てきます(笑)。
筆者は、一応もう楽天では買い物をしていません。
アカウント削除しました。
その後、やむなく一度だけ買い物をすることがありましたが、クレカ情報非登録です。

二段階認証がすべてではありませんが最低限の防備です。

そんなことすらやろうとしないこの企業グループのCSR(企業の社会的責任)への姿勢を疑います
使う使わないは自由ですが、楽天グループからは離れるほうが無難・安全です。

モバイルカテゴリの最新記事