iPad ProをPC/Mac的に使う!Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchの実機レビュー!

iPad ProをPC/Mac的に使う!Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchの実機レビュー!

iPad ProをPC/Mac的に使うにはタッチパッド付きキーボードが欠かせません。そのためのツールがApple純正Magic Keyboardですが、LogicoolからもLogicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchが11月5日に発売されています。今回はLogicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchの実機レビューです。キーボードの感想だけではなく使いこなしTIPSも織り交ぜておりますのでぜひ御覧ください。

Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inch

Apple Magic Keyboardとの比較の中で仕様などについては前日の記事で説明しておりますのでそちらをお読みください。

Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchの特徴は、Apple Magic Keyboardと互角に戦えるキーボード&タッチパッドでありながら、価格は純正より15,400円も安いことです。

もちろん安かろう悪かろうではなく、キーボードでは定評のあるLogicoolですからタイプしやすく、さらにApple Magic KeyboardにはないiPadOSのショートカット機能を提供するファンクションキーを備えています。

キーピッチは標準キーボードの19mmより1mm短い18mmですが、これは11インチiPad Pro用であれば、その横幅制限からどうしてもそうならざるをえませんし、Apple Magic Keyboardも全く同じキーピッチです。

ちなみにこの記事は全てiPad Pro 11(第1世代)で入力しています。

実機レビュー

開梱の儀

例によって開梱から始めましょう。

シンプルな当たり前のパッケージですが、手に取るとずしりと重いのでびっくりしました。

箱の裏側。

蓋を開けようとして開けるところがないのでよくみたら引き出し式でした(笑)。

実機を写真で見る

それでは箱から取り出してみてみましょう。

開いてみるとSmart Keyboard Folioにタッチパッドがついたように見えます。

色は写真は撮って出しで無精しましたが、グレーです。ブルーではありません。

タッチパッドのセンターラインはHキーの中央にあり、指をホームポジションに置くタッチタイプでもタッチパッドの位置がずれたりしません。

15インチノートでテンキー付きーモデルだと、タッチパッドの位置がホームポジションではかなりずれてしまうPCとかあるのですがこれは全く問題ありません。感覚として13インチのモバイルノートの感じです。

キーボード部分の拡大です。

キートップ、タッチパッドとiPad Proをはめ込んで支える部分以外の表面仕上げはファブリックです。

ファブリック仕上げなので、手触りは非常に心地よいのですが、一方で汚れが目立つ可能性は否定できませんが、汚れをがどの程度になるのかは長期に使わないと結論が出ません。

iPad Proをはめこむ部分にはSmart Connectorに繋がる3つの接点があります。

この接点経由でiPad Proから電源供給を受けると同時に通信をします。電源内蔵ではないので、Smart Keyboard Folio同様充電の心配は不要です。

閉じた状態でキーボードの裏側はこうなります。マグネット内蔵のフラップで固定されます。

製品詳細

Apple Pencil固定機構

このフラップには仕掛けがあります。

下の写真のように、iPad Pro本体にマグネットで張り付いて(=充電中でもある)Apple Pencilがずれて落ちないようにフラップで固定されます。

閉じて持ち運ぶ時の最大の問題がApple Pencilなんです。

Smart FoliやSmart Keyboard FolioあるいはMagic Keyboardを装着して閉じてもApple Pencilが固定されないので、バッグやリュックの中で外れてしまっている事は日常茶飯事にあろうかと思います。

あるいは手に持って歩いていてもいきなりApple Pencilだけ落下したりします。

それを防ぐためにSmart Keyboard Folioを装着したiPad Proをさらにスリーブに入れて持ち歩くとか二重保護状態になってしまいます。

Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchでは、閉じた時にフラップでApple Pencilが落ちないように固定できます。

iPad Proが裸の状態でApple Pencilを貼り付けると側面に磁石で張り付くだけなので、カバンの中でハズたり、持ち歩いているうちに落ちたりすることもあります。

しかしLogicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchでは、側面保護がありペンをつける部分が切り込みになっているためペンのずれを防げさらにフラップでしっかり覆って止めるために、カバンの中でずれて落ちたり持ち歩きで落下したりしません。

純正ケースの類はスリムに格好良く作るために側面に貼り付けるペンのことは無視しているように思えます。

iPad Pro 11を使って最大の課題がApple Pencilの持ち歩きの不便さだったのですが、Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchはそれをいとも簡単にあっさりと解決してくれました。

もう一つ方法があります。

フラップにはペンを差し込むスリットがあるのです。

これがペンを差し込んだところの拡大写真なのです。

一見いい感じにペンが刺さりますが落とし穴があります。

Apple Pencilを差し込んでからフラップで止めるため、先にお見せしたようにiPad Proをはめ込んで周囲をガードするTPUの切れ込みにはApple Pencilははまりません。

上の写真は、Apple Pencilを挿してフラップを閉じた状態ですが、この状態でApple Pencil比較的簡単に移動して抜けてしまいましてあまり意味がありません。

Apple Pencil固定方法のおすすめは、iPad Proの側面に通常通りマグネットで貼り付けておいて、フラップでしっかり固定することです。フラップの磁石は結構強力なので持ち歩く程度でApple Pencilは抜け落ちたりしません。

フラップのもう一つの用途

フラップの役割は、カバー(キーボード部分)を閉じた状態を確実に保持するためが第一ですが、上記のように側面に磁石で張り付いたApple Pencilが外れてしまうことを防ぐのが第二の役割。

実は第三の役割もあります。

iPad ProはLogicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchを装着した状態でキーボードを出して使うと、右側面にUSB TYPE-Cの口が来ます。この状態でUSBケーブルを左から引っ張ると、ケーブルがiPad Proの後ろでわやわや遊んで鬱陶しいことがあります。

そういうときにケーブルを固定することができます。

上の写真のようにフラップを反対側に折り返した時に、輪になって隙間ができるのですが、これがちょうどいい感じでUSB TYPE-Cケーブルが通せます。

結構大きな隙間なので、PD対応(60W)で布内の太い硬めのケーブルでも全く問題ありません。

コロナ禍の折、すぐ向かい側に同居家族以外の人がいることは考えにくいですが、そのような場合や硬めのケーブルがiPad Proの後ろのものにあたってしまうことを避けたいなどでは役に立ちます。

キックスタンド

Apple Magic Keyboardはノート PCのようにヒンジで支えるタoイプですが、Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchはSurfaceのようにキックスタンドを使うタイプです。

上の写真のようにキックスタンドを開いて支えます。

このキックスタンドの角度は無段階で調整できますので任意の角度で固定できます。

キックスタンド方式の欠点として、使用する時のフットプリントの奥行きが結構必要なことが挙げられます。

Surfaceも同じなのですが、小さなテーブルで奥行きがトレな時は使いにくい場合があります。

また、膝の上に載せて使うのは結構厳しいと思います。できない訳ではないですがキックスタンドが膝小僧の先の方に当たる感じになり、ともするとキックスタンドが膝から外れてiPad Pro本体が膝の向こう側にそっぽを向いてしまいます。

いきなりキックスタンドが膝から外れても、キーボードを手で押さえていればiPad Proが外れて落下することはありません。Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchはiPad Proをマグネット固定ではなく、TPUのフレームにiPad Proをはめ込むので相関たに外れたりはしません。

このキックスタンドは結構自由度が高くて、普通にPC的に使う時で目一杯iPadを立てるとこんな具合になります。

普通にタイプするときはいいですが、Apple Pencilを使うときは相当使いにくいですしお絵描きとか論外です。

Apple Magic Keyboardでちゃんとお絵描きしようと思うとiPad Proを外すしかないのですが、Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchではお絵描きモードにするにはキックスタンドを大きく開いてキーボードをこのように裏返せばOKです。

キックスタンドを目一杯開いて、キーボードを裏返す訳です。

Smart Keyboard Folio同様に、キーボードを裏返すと自動的にハードウェアキーボードは無効になり仮想キーボードで使うようになるので、裏返してもキーの誤作動はありません。

キーボードライト

Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchはキーボードライトがあります。

下の写真は部屋を暗くして撮影した消灯状態。

同じ照明でキーボードライトの輝度を最高に上げた場合が下の写真。

これだけきっちり照明があれば画面の明るさと相まって不自由はしないと思います。

消灯から全点灯まで16段階だそうです。

重量

最後は重量比較です。

Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchだけで648gです。

iPad Pro 11(第1世代)とApple Pencilを装着すると….

1,136gとなり、軽いか?と言われると、まぁiPad Proの重さではないですね。

しかし、これはMagic Keyboardでもほぼ同じです。

ちなみにSmart Keyboard Folioを装着した場合は、906gとなりまして体感で明らかな差を感じます。

重くなった分、使いやすさとタイピングしやすさ、タッチパッドが加わったというところ。

タッチパッドのジェスチャー

Appleは公式サポートサイトでMagic Trackpad、Magic Trackpad 2、iPad用Magic Keyboardのジェスチャーについて説明しています。

Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchで確認したところ、上記サイトの全てについて操作可能でしたので、ジェスチャーについては純正のMagic Keyboardと同じ機能を持っていると言えます。

注意事項

AppStoreにはLogicool Controlというアプリがあります。

これを入れるとファームウェアのアップデートがなされて、環境光により自動的にキーボードライト調整がされるとかあるのですが、レビューをみるとLogicool Folio Touchでタッチパッドが使えなくなったとかいう書き込み多数。

これがLogicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchの話なのかどうかわからないのですが、デビューして間がないのですぐにこのアプリでファームアップはやめたほうが無難でしょう。

全体的な感想(まとめ)

Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchは、Apple純正Magic Keyboardより15,400円安く買えるが、性能と使い勝手ではMagic Keyboardを凌ぐ物です。

iPad Proとの接続もMagic Keyboardと同じSmart Connector接続なので、キーボード側にバッテリーは不要です。

Apple Magic KeyboadはそのままではApple Pencilでお絵描きするのは困難ですが、Logicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchではキックスタンドを大きく開きキーボードを裏返せば、イラストレーターが使う傾斜台のような角度になり使いやすくなります。これはMagic Keyboardにはできない芸当です。

キーピッチはMagic Keyboardと同じく標準的な19mmより1mm狭い18mmですが、全く不自由は感じません。ストローク1.0mmですが非常に静かタイピングしやすく、Smart Keyboard Folioのように直に机を叩くような感じの音はしませんので、静かな場所でもほとんど問題ないと思われます。

タッチパッドは二本指、三本指によるジェスチャにも対応しておりiPad Proに慣れた指には心地が良いです。

何より便利だと思ったのはiPadOSに特化したショートカットキーです。ホーム、スクリーン輝度、仮想キーボードの強制表示、検索、キーボードライト輝度調整、音量調整・ミュート、ワンタッチでiPad Proをロックなどは非常にありがたいです。このためだけにLogicool Folio Touch for iPad Pro 11-inchを選んでも後悔しないかもしれません。

特にミュートは重宝します。自宅で音楽を聴いていたり映画を見てたりして、家族からちょっと音消してくれる?と言われて、あたふたと側面の音量ボタンを押したりすることなく、ミュートボタン一発です。



ロジクール iPad Pro 11インチ 第2世代 第1世代 対応 トラックパッド付き キーボードケース Smart Connector 接続 Folio Touch iK1175BKA 英語配列 薄型 バックライト付き スマートコネクタ 国内正規品 2年間メーカー保証


モバイルカテゴリの最新記事