モバイルSuica、ついに大規模リニューアル!3月20日午前~21日朝は利用に注意!

モバイルSuica、ついに大規模リニューアル!3月20日午前~21日朝は利用に注意!

AndroidからiOSへのモバイルSuica機種変更はできなかったり、AndroidではモバイルSuicaとモバイルPASMOを同一端末にインストールできるなど、主としてAndroid側がやや不利だったモバイルSuicaが大幅にリニューアルされます。リニューアル期間中は注意事項が沢山あります。

リニューアルによるサービス停止

JR東日本によれば以下の期間サービスが一時停止されます。

モバイルSuicaサービス一時停止
3月20日(土)午前11時頃~3月21日(日)午前7時頃

影響を受けるのはスマートフォンやウェアラブル端末で使えるすべてのSuicaとなります。例外はありません。Garmin Payでもwena 3のSuicademo同じです。

この間は以下のことができません。

・アプリからのチャージはできない。
・定期券・グリーン券の購入や払い戻しはできない。
・機種変更・再発行登録・退会はできない。
・会員メニューサイトでの手続きはできない。
・ビュー・エクスプレス特約申込みはできない。
・ネットショッピングでの支払い、Suicaポケット受け取りはできない。
・iOSのWalletからSuicaの削除(退避)をしてしまうと、サービス再開まで使えない。
・Apple WatchとiPhoneの間のSuicaの移動も同様で、サービス再開までは使えなくなる。

逆に以下のことは通常通りです。

・チャージ済みのSF残高利用は可能(残高の範囲内で乗車・買い物可能)
・現金チャージ、設定済みのオートチャージ、コンビニチャージ、ATMチャージは可能
・すでに購入済み定期券・グリーン券は利用可能

サービス停止前のおすすめ対策

サービス停止中は普段良く使うアプリチャージができないので、期間中に必要十分な残高まで事前にチャージしておくことが必要です。

この期間に定期券が期限切れになる人は、事前に定期券継続購入しておきましょう。

サービス停止期間中のモバイルSuicaを使っているスマートフォンの機種変更は避けましょう。

何が変わるのか?

前後しましたが、今回のリニューアルで何が変わるのでしょうか?

AndroidiOS
複数枚の Suica が発行可能対応済み
定期券購入時の経路表示改善
タッチで GO!新幹線の利用開始登録
Google Payによる決済
異なるOSへの移行
お知らせ機能が充実

1台の端末で複数枚Suicaを入れるというシチュエーションがあまり理解できないのですが、Suica+PASMOなら通勤経路等によってはありえますね。

タッチでGO!新幹線の利用開始登録は従来は駅の券売機でしかできませんでした。といっても、最初の一回だけであとは必要ないのでさほど大きなメリットではありません。

AndroidとiPhone両方使う筆者で大きいのは「異なるOSへの移行」です。AndroidからiPhoneに移行できても逆はできませんでした。

リニューアル後にすべきこと

モバイルSuicaを使っている人全てが対象になります。定期券がなくてSF残高利用だけでも同じ。
以下の2項目は必ず実施が必要です。

Android:
・モバイルSuicaアプリの更新(アップデート)
・おサイフケータイアプリ(ver9.0.0)のインストールとGoogleアカウントでのログイン
iPhone/Apple Watch:
・Suicaアプリの更新(アップデート)

JR東日本ではJR東日本ニュースで告知していますのでご覧になって下さい。

JR東日本ニュース(2021年2月10日)
「2021 年 3 月 21 日「モバイル Suica」をリニューアルします 」
https://www.jreast.co.jp/press/2020/20210210_ho01.pdf

まとめ

モバイルSuicaはリニューアルのため3月20日(土)午前11時頃~3月21日(日)午前7時頃の間サービスが停止する。

サービス停止中はアプリでのチャージや定期券購入などはできないので十分な額の残高を事前にチャージする。

サービス停止中は、機種変更やiOSデバイス間でのSuicaの移動をするとサービス停止終了までSuicaは使えなくなる。

リニューアル後はアプリのアップデートやインストールをお忘れなく。

デジタルガジェットカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!