モバイル通信できるMacBook Airがないのは….iPhone/iPadがあればシームレスに通信できるから!

モバイル通信できるMacBook Airがないのは….iPhone/iPadがあればシームレスに通信できるから!

WindowsノートPCをWifiの使えない環境で通信して使いたいとなるとテザリング必須。スマホを取り出してテザリングをオンにして、PCでスマホのWifiに接続して….。地味にめんどくさい。しかしMac+iPhone/iPadならそんなこと一切意識しません、何も考えないでOK。

スポンサーリンク

WindowsとiPhone/iPad

Windows(デスクトップでもノートでも)とiPhoneあるいはモバイル通信可能なiPad(Cellular対応)があれば、もちろんテザリング通信できるわけですが、その手間が地味に面倒。

通常であれば…

iPhoneで「設定」アプリ > 「インタネット共有」> 「ほかの人の接続を許可」をオンにして、Windows側でiPhoneのWifiにしてパスワードを入れる。

….これで他のPCやタブレットからiPhoneで設定したWi-Fiパスワードを使って、テザリングを使うことができます。

自分のWindowsであればWifiパスワードは一度設定すればOKですが、それでもテザリングのオン・オフは毎回やらないといけませんよねぇ。

スポンサーリンク

MacとiPhone/iPad

Macであればデスクトップでもノートでも同じで実に簡単。

前提条件は同じApple IDを使っていることだけ。

iPhoneやiPadを触る必要一切なし。

MacのメニューバーのWifiアイコンからiPhoneあるいはiPadを選ぶだけ。

このWifiアイコンをクリックするわけです。

上のスクリーンショットは自宅のWifiがある環境で撮りましたので優先するネットワークに自宅Wifiが出ていますが、お外でやればこれはでません。

筆者が所有してモバイル通信ができるデバイス2種、iPhone 13 miniとiPad Pro 11 M1が表示されていますので、これを選んでクリックするだけです。

自動的にiPhoneあるいはiPadのテザリングがアクティブになりそのあまiPhoneなどを経由してモバイル通信が可能になります。

スポンサーリンク

MacBookにモバイル通信機能は不要だ

この便利さに気づかないときは、MacBookにはなぜモバイル通信モデル(SIMあるいはeSIM対応)がないのかと思っていました。

しかーし、このあまりにも簡単な仕組みがあるじゃないですか。

これがあればモバイル通信機能内蔵は一切不要です。

回線契約だってiPhoneだけですみます。

パケットのギガが心配ならdocomoの5Gギガホプレミアならテザリングも無制限です(auとSoftBankは30GB/月の上限があります)のでそれを使えば良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

MacのノートからiPhone経由でのテザリング接続は一切手間なし。接続先をMacで選ぶのみでiPhoneに触れる必要すらない。

スポンサーリンク

PC/Mac/Internetカテゴリの最新記事