SONY MDR-XB950 EXTRA BASS

以前、SONY MDR~XB950BTというBluetooth接続のヘッドホンを持っていました。これは手放したのですが、この記事でXB950BTとXB900を比較しています。

さて、今回は有線のXB950を購入しましたので、XB900とも比較しています。

まずは恒例XB950の開封の儀。

箱はXB950BTと変わらんです。

まあ、実売で6,000円台まで下がっていました。写真を見ると高級っぽい感じですが、箱の中身は全部紙です(笑)。

イヤーパッドが分厚くふかふか。XB950BTにあるスイッチ類は皆無。当たり前ですが….。

非常に平凡で大人しいデザインです。

あとで出てきますが、耳がすっぽり入るのがXB900との違い。この違いは意外と大きいのです。

他のヘッドホンではなかなか見られないこの超分厚いイヤーパッド。これがいいのです。

さて、ここからXB900とXB950の比較。まずは外観から。

明らかに右側のXB950のほうが大人しいです。左側のXB900は色使いは地味ですが銀ピカで派手。

イヤーパッド側。左側のXB900はイヤーパッドはでかいですがオンイヤーです。右側のXB950はオーバーイヤー。

その結果として、装着感に差が生じ、XB900(左)は圧迫感があるのは避けられません。右側のXB950のほうが耳たぶの圧迫感がなく快適度が高いです。また、音にも差が現れて、XB900はややこもり気味で、XB950のほうが伸びがいいです。

イヤーパッドを含めたハウジングの厚みは極端な差はなく、どちらも分厚いことに変わりはありません。しかしイヤーパッドの厚みにはかなり差があります。

XB900のイヤーパッドを指で押さえてみました。意外に薄かったりします。

こちらはXB950。凹み具合でイヤーパッドの分厚さがよくわかると思います。

両者の差として、装着時の快適度がかわります。メガネをしていてもXB950のほうはソフトで分厚いイヤーパッドのおかげで全然痛くなったりしません。耳たぶを押さえないので、長時間の装着にはXB950のほうが向いています。音漏れについてはどちらも問題ないですが、遮音性はXB900のほうが高いです。

EXTRA BASSシリーズですので低音バンバンなのは変わりないです。Xb950BTは低音が超ズンズンきますが、XB950のほうがXB900よりは全体のバランスは良いようです。XB900は前にも書いたように篭った感じがあります。日本人女性ボーカルはXB950のほうが綺麗に聞こえます。XB950は確かにEXTRA BASSなので、EDMなどはズンズン来て体が動き出しそうですが、それだけではなくボーカルも意外にも綺麗なのがいいです。まあ、でもクラシックのように音域の広いジャンルには向いていないといえますが、スタジオ録音ではなくライブ盤などですとクラシックでも意外に臨場感が高まり良い感じになります。

ともあれMDR-XB950は面白いヘッドホンです。ポップスをメインに聞くなら持っていてもいいかもしれません。既にソニーストアでの販売は終了しているので、一般の通販や店舗で在庫があれば買えるくらいですが、安くなっているのでお買い得ヘッドホンです。