アクションビデオカメラ

以前から旅行に行くとたまには動画もいいなと思うこともありますが、スマホで撮る気はさらさらなく、旅のお供のSONY RX100M3はいいけど歩きながら動画撮影のブレは、スマホ同様ジンバルを使わない限りは防ぎようもない。

まあ、そんなこんなで時は流れ….

そしてしばらく前に目についたのがこれ。

従来モデルと違ってブレ補正性能がジンバル不要なくらいに向上しているそうです。

さらに調べていくと、内蔵マイクでの音が結構こもりがちのようで、うーん。それに撮影でセルフィーとかのときに撮影画像のモニターができないのは自分的には結構致命的な気がする。

でも、マウンテンバイクでの疾走をヘルメットにこいつをつけて撮るなんて時にはほとんどこれしかないでしょう、ってくらいに凄い。

そしてもう一つ、YouTubeを見ていて気づいたのですが、こいつもなかなかのようです。

GoPro HERO7 Blackに負けず劣らずのブレ補正性能です。こちらは埋め込み共有ができないので、SONYの動画例ページをリンクします。

個人的にはSONY FDR-X3000Rが気に入りました。

ちなみに、私がよく拝見するYouTuberのおのださんはFDR-X3000だそうです。

YouTuberの皆さんはミラーレス一眼をお使いの方も多いようで、LUMIXのGH4やGH5が多いそうです。

映像はとても綺麗なのですが、ミラーレスとはいえGH4で12-35mm/F2.8を装着すると0.8kg超えになります。自分はGH4は持っていないので、G8で試しに自撮りフォームをしてみましたが、これを長く続けるのはかなりきついですよねぇ。チカさんのこと尊敬しちゃいます。

旅行のポリシーはいろいろあると思いますが、撮影主目的ならば機材主体で考えて当然。しかし私の場合、スチルにせよ何にせよ撮影はおまけなので荷物は小さいに越したことはない。

GH5で12-25mm/F2.8とかつけてさらにジンバル装着すれば完璧!なんでしょうが、いやいや、それだけで1kgを軽く超えちゃいまして、一眼構えでスチルを撮るな問題ないですが、腕を伸ばして撮り続けるのは筋トレですわな。

それに、日本ならともかく海外で一人旅でデカイ一眼をもって自慢げに動画撮影とかしていると、まあ、普通に考えると真っ先に狙われる可能性大。さらに、装備が大げさすぎて、屋内とかで目立ちすぎて撮りづらいケースも出てきます。

そんなことからもアクションカムFDR-X3000に惹かれています。

うーむ。

 


コメントを残す