スマートウォッチ HUAWEI WATCH GT 2e (46mm) レビュー (5/2 追記)

スマートウォッチ HUAWEI WATCH GT 2e (46mm) レビュー (5/2 追記)

スマートウォッチといえば筆者の場合、基本はGARMINでして途中Apple Watchに入れ込みましたが、iPhone離れとともにサヨナラApple Watch。そして、数日前にHUAWEI WATCH GT 2eを入手しましたのでレビューしてみます。

HUAWEI WATCH GT 2e概要

いわゆるスマートウォッチです(身も蓋もないな)。

今使っているメインスマホがHUAWEI Mate 20 Proなので、それにあわせて衝動買いしてみたってのが正解。

購入動機はどうでもよいので機能概要はこんな感じです。

サイズ 53 (W) x 46.8 (H) x 10.8 (D) mm
重さ 約43g (バンド含まず)
ディスプレイ 1.39インチ AMOLED 454 x 454 HD (タッチスクリーン)
電池寿命 次の場合に約2週間持続。
24時間装着 (拍数継続計測ON、睡眠モニタリングON、毎週平均ワークアウト90分(GPS ON)、スマート通知受信(毎日50回メッセージ受信、3回アラーム)、毎日200回点灯、毎週音楽再生30分(Bluetoothイヤフォン使用)
バンド素材 色により素材が異なります。
ブラック:フルオロエラストマーストラップ
レッド&ブラック:TPUストラップ
グリーン&ブラック:TPUストラップ
ホワイト:フルオロエラストマーストラップ
内蔵センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、光学式心拍センサー、環境光センサー、気圧センサー、装着検知センサー
防水 5 ATM
対応ワークアウト クライミング、屋外ウォーキング、屋外ランニング、屋外サイクリング、トライアスロン、屋内サイクリング、屋内ランニング、ハイキング、エリプティカル、プール、ローイング、オープンウォーター、屋内ウォーキング、トレイルラン、フリートレーニング
睡眠モニター HUAWEI TruSleep™2.0 
ストレスモニター HUAWEI TruRelax™ 
内蔵可能曲数 約500曲(MP3、LC-AAC) を内蔵しBluetoothイヤホンとペアリングしてスマートフォンなしで聞くことが可能
ライブウォッチフェイス EMUI 10.0以降(すなわちHUAWEIのスマートフォンでOSが10.0以降)で対応、iOS不可
通知 スマートフォン(Android)の通知を表示可能。通知対応アプリは専用のヘルスケアアプリで選択可能。

あとは、HUAWEIのホームページを御覧ください。

他にASCIIのサイトでもレビューがありますがレビューというより機能紹介。でも、まあ、参考になりますよ。

レビュー

いいところ

コスパが凄い

何と言ってもコスパが凄いです。

私はAmazonで19.800円で購入しましたが、この機能で2週間駆動のバッテリーです。Apple Watchとかあの価格で丸一日持つか持たないか。それに比べると2週間に一度の充電で良いのはGOOD。今はコロナで旅行にはいけませんが、数日の旅行なら出かける前にフルチャージしておけば無問題です。

表示が見やすい

1.39インチ AMOLEDディスプレイは明るくくっきりとしており非常に見やすい。冒頭の写真をご覧いただくとわかると思いますが、このサイズで454×454の表示は十分美しいです。

iPhone 6/7/8が横750ピクセルで326dpi、HUAWEI WATCH GT 2eも同じ326dpiとなりますので、表示の密度(細かさ)で言えばHUAWEI WATCH GT 2eはiPhoine 6/7/8と同じレベルということになります。

大きいけどスリム

46mmというのは女性には確かにでかいと思いますが、男性にはちょっと大きめかなと言う感じ。

ところが非常にスリムであり、がっちりタイプのGARMIN INSTINCTとは対局にあるので大きさは気になりません。

気にならないどころか、この大きさがあって326dpiの表示なので表示される内容もフェイスによって豊富で、この大きさが必要だわ!と思わせます。

前任モデル?のGT2には42mmと46mmがあり、バッテリー2週間は46mmの特徴です。

こまったところ

睡眠検知がうまくいかない

私自身の問題(いい歳してアトピー性皮膚炎持ちなので、風呂上がりで眠る前は肌がぴりぴりしたり夜中に痒くなったりして睡眠が浅い)もありますが、それにしてもかなり変。

上のキャプチャはある日の睡眠モニターです(かなり酷い睡眠)が、GARMIN vivosmart 4を右手にはめて取得したもの。

こちらがHUAWEI WATCH GT 2eを同じ日に左手に装着して取得したもの。

目覚め時刻検知はGARMIN vivosmart 4とほぼ同じですが、入眠検知はなんと3時52分。

これはまだマシなほうで、一晩の睡眠時間が15分とかになったりして昼寝として検知されたり、全く睡眠を検知しなかったり

さすがに変だろとHUAWEIのサポートにメールしました。どうせ数日かかるだろうと思ったらその日のうちに返信がありました。これはいい!いやサポートの対応が素早いのは良いです。

指示された対応は以下の通り。

<HUAWEI Mate 20 Proでの対応>
・「オプティマイザ」アプリ → 最適化
・「オプティマイザ」アプリ → クリーンアップ
・「ヘルスケ」アプリのキャッシュ消去
・上記の操作を完了後にスマートフォン再起動
・「ヘルスケア」アプリで 「HUAWEI TruSleepが有効になっていること
<HUAWEI WATCH GT 2eでの対応>
・再起動後にペアリングやりなおし

上記のとおりやっても改善の気配なし。

ネットで調べると英語情報ではありますが、今年にはいってから他の機種(GT2とか)ですが類似情報が続々発生しているとのレポートが多く出ました。

ファームあるいはヘルスケアアプリのバグ?

ちなみに筆者が使っているスマートフォンやヘルスケアアプリ、HUAWEI WATCH GT 2eのファーム情報は以下の通りです。

スマートフォン︰HUAWEI Mate 20 Pro
EMUIバージョン︰10.0.0
ビルド︰10.0.0.206
ヘルスケア アプリ︰10.0.5.521

WATCHファームウェア︰1.0.1.20
端末名︰HUAWEI WATCH GT 2e-3B7
型番︰HCT-B19

こまりましたねぇ、いくらなんでも睡眠時間15分とか検知されず徹夜状態とかありえないでしょう。

睡眠センサーなんてのはないので、睡眠検知は心拍センサー・加速度センサー・ジャイロセンサーなどから得られる値を分析しているわけなので、そのロジックを持っているWATCH側あるいはヘルスケアアプリ側のバグとしか思えません。

バイブが弱い

これは私のこだわりでもあります。動いていると腕時計(スマートウォッチ)が少々ぶるぶる震えても全く気づかないものです。

このブログで過去記事を検索指定ただくとわかりますが、機能的には満足だがバイブが弱すぎて却下!ってのが結構あります。

HUAWEI WATCH GT 2eはバイブを強・弱の2段階にでき、デフォルトは「強」です。

HUAWEI WATCH GT 2eのバイブ通知を「強」にしても動いていたら気づかないことが多いレベルで。お世辞にも強いとは言えない。

これも困ったものですが…..

その点GARMIN INSTINCTは強いです。ジムで運動していてもはっきり気づきます。寝ている間は通知無効になるようにセットしないと目覚めてしまいます。私の場合はこれくらいは必要なのです。

エクササイズ自動検知がだめ

GARMINのトラッカー(スマートウォッチ)では、機種によりますがMoveIQという機能があり、バイク、ラン、スイム、ウォーク、またはマシンを使用したよくある運動パターンを自動検知して、アクティビティのイベントとして記録してくれます。

たとえば、外出時にちんたら歩くのではなく、ウォーキング風にスタスタと15分くらいあるけば、自動的にウォーキングとして記録してくれます。

HUAWEI WATCH GT 2eではどうか?

まったく新しい方法で思いやりと知性をあなたに!通常のワークアウトを行うだけで、HUAWEI WATCH GT 2eが自動的にそれを検出し、ワンタップでアクティビティの記録を開始します。 屋内・屋外ランニング、屋内・屋外ウォーキング、エリプティカル、ローイングの6つの一般的なワークアウトモード5で利用できるようになりました。
HUAWEIホームページより

この文中で「6つの一般的なワークアウトモード」と注が入っています。

5.本機能はソフトウェア更新により対応予定。
HUAWEIホームページより

なるほど、だから今は対応していないのね。
本当に実装されるかどうかわかりませんが、期待しましょう。

まとめ

HUAWEI WATCH GT 2eは、機能を考えるとコスパ抜群。

ディスプレイの表示は美しく表示の密度はiPhone 6/7/8と同じ326dpiである。

エクササイズを自動検知する機能は現時点では実装されておらず「予定」である。

バイブは「強」にしても弱いので、動いていると気づきにくいレベル。

2020/5/2 追記

睡眠検知がほとんど働いていないということで、HUAWAIのサポートにメールしました。

メールサポートって、早くて翌日とかの回答が多いのですが、ここは電光石火で一時間せずに返ってきまして、そりゃまあびっくり。

HUAWEIのメールサポートは応答の速さに関してはピカイチ。

サポートの方の指示にしたがってHUAWEI WATCH GT 2eの操作をし、スマホ(HUAWEI Mate 20 Pro)も操作をしましたが2晩たっても変わりなく。

いくらアトピーがあって夜中にごそごそ・掻き掻きしていたとしても睡眠時間15分ってことはありますまい。

結局、HUAWEI WATCH GT 2eの不具合ではないか、詳細は調べないとわからないが…というところまできましたので、そのサポートのご意見を持って購入店に初期不良交換をしていただきました。

ただし、今回はHUAWEI WATCH GT 2eではなくHUAWEI WATCH GT 2へ交換(若干費用追加)してもらいました。

HUAWEI WATCH GT 2については後日記事にします。

デジタルガジェットカテゴリの最新記事