旅行用に安全度の高いリュックを紹介:Pacsafe Vibe28(Part 1)

旅行用に安全度の高いリュックを紹介:Pacsafe Vibe28(Part 1)

今回の記事では、1〜2泊旅行に適当なサイズで、置き引きや切り裂きなどの盗難のリスクを低減できるPacsafe Vibe28を紹介します。

記事後半は写真多数で長くなるので2回に分け、前半は旅における荷物の安全と、主にIntasafeについて実際に使ってみてのポイントなどを説明します。

続くPart2ではタイトルのVibe 28について写真を多く入れて、その機能を説明します。

旅行で荷物の安全を確保する

私も過去の一人旅(海外)で経験がありますが、一人だと本当に自分の荷物に気を使いますよね。

連れがいれば、「ちょっと荷物見ててくれる」(Could you keep your eyes on my bags?)とか言ってトイレに行けたりますし、空港でもちょっと荷物を見ててもらって売店に行ったりとかね。

これが一人だと困ります

結局どこへ行くにも荷物を転がしていく。
まあ、安全を確保するための常識ではあります。

荷物を置いてどこかにいくのはともかく、目の届くところに置いたはずなのに、置き引きにあって足元に置いたバッグがなくなっていたというのも、大いにありうる話です。

幸い私はこれまでの国内・海外旅行でそうした被害にはあったことがありませんが、だからといって今後も被害にあわない保証は全くありません。

荷物盗難のリスクを低減させるバッグ:Pacsafe

こうした盗難のリスクを低減するためのバッグを作っている会社があり、Pacsafeというブランドです。

YouTube動画でこの中の3種を紹介しています。

海外旅行に安全度の高いバッグ類3点の紹介(pacsafe)

どういう特徴があるかはぜひ動画をご覧いただきたいのですが、非常によくできています。

どれも海外で使ってみて、そのありがたさがわかりました。

一人旅だと荷物を放り出して…なんてことは気絶するか死ぬかしない限りは絶対しませんが、バッグを置くということはあります。

そのときに動画で説明してるように、ストラップを柱やテーブルの足にからげて止めると、簡単に持っていくことができなくなります。だからといって目を離すわけではないですか、リスクは間違いなく減らすことができます。

リスクを正しく評価し、それを低減するのか受容するのかはセキュリティの基本のキです。

Intasafe(リュック)では1泊でも小さいかも

前節で紹介したリュックIntasefeも、動画で紹介しているとおり、使いやすさと軽量さを維持しつつ盗難に対するリスクを徹底的に下げたリュックです。

ただ、実際に国内1泊でつかってみましたが、PCとかタブレット無しでちときつい。愛用のPCの一つ、HP Spectre x360を入れてみましたが、するとメインコンパートメントが狭くなるんですよね。

もともとマチは15cmほどなのですが、平たく硬いものを入れると膨らまなくなって、収納力が減ってしまうのですね。

なので、私にはIntasafeは日帰りステータス修行にはいいけど、お泊まり修行にはちょっと不足だと言えます。

逆に海外での街歩きにはその盗難防止の造りと手頃なサイズでぴったりと言えます。

あまりものを持ち歩かないのであれば、ボディバッグのVibe 325でよいし、もうすこし大きい方がいいかなというなら、Intasafeでいいでしょう。

とりあえず、まとめ

この回では、旅でいつも問題になる手荷物の盗難というリスクを低減させるバッグ、Pacsafeというものがある、そして3種類について実際につかっているよということで、以前YouTubeにあげた動画で消化しました。

これで終わりではなくPart 2では、タイトルにあげたPacsafe Vibe 28を写真たっぷりで紹介します。

では、次回に続きます。

住まいと日常カテゴリの最新記事