BSを見ないのでNHKの衛星契約を解約した

BSを見ないのでNHKの衛星契約を解約した

何かと話題になるNHK受信料。地上波デジタルはしっかり見ていますので当然受信料は支払っています。以前はJ:COM経由でBSをみることがあったのですが、今はネットでAmazon Primeかさもなければ地上波デジタルという感じでBSは全く見ませんのでJ:COMとNHKでBSやめました!の話。

衛星契約は解約できるか?

一般論

契約ですから条件が満たせば解約可能です。

ただし、昨今のテレビはもれなくBS受信機能がついていますので、受信装置がないとはなかなか言えないものがありますが、それでもBSアンテナがなく共聴でも配信されされていないのであればちゃんと説明すれば解約は不可能ではない。

マンションの場合で、共聴システムでBSも配信されていてテレビも今どきのBSチューナー内蔵だと、見ていないからというのは通じません。自分の意志で見ようと思えばチャンネルを変えるだけで見えてしまうので、見ているかいないかは関係なく受信可能設備があるので衛星契約での支払い義務が生じます。

J:COMは特殊

ここからがJ:COMの話です。

何かとあまりいい評判がないらしいJ:COMでありますが、衛星契約解約についてはJ:COMで良かったと思いました。

  • 我が家(マンション)の共聴システムはJ:COMからの配信オンリーで、屋上にアンテナはたっていない。また、個別にアンテナをつけるのは厳重に禁止されている。
  • J:COMでは地上波はパススルー方式なので、普通のテレビにアンテナ線を接続すればOK。
  • J:COMではBSはトランスモジュレーション方式で周波数を変換して流しているので、アンテナ線を接続しても普通のTV内蔵のBSチューナーでは完璧に視聴不可であり、J:COMと契約してセットトップボックス(STB)を設置して、STB経由からテレビをHDMI接続やAV接続しないと見えない。
  • したがって、STBを除去すると地上波しか見えなくなる。

NHK衛星契約を解除するのにJ:COMで良かったと思った瞬間であります。

実際、STBを経由しないとTV側で何をしてもマジで地上波デジタルしかみることができません。

NHK衛星契約の解約方法

先に書いた通り、視聴しようと思えばできてしまう、つまりBS放送受信アンテナがあるかケーブルテレビでパススルー配信されている状況であれば、解約は不可能であると思って間違いありません。

どうしても解約したければ民事訴訟でも起こすしかないですが、多分敗訴します。

ならば見ないと損です。

我が家の場合は、テレビは確かにBSチューナー内蔵ですが、J:COMを通じてしか全てのテレビ視聴ができません。J:COMの場合マンションの共聴では地上波は契約なしでNHK受信料のみで視聴できますがBSやCSは視聴できません。

J:COM TVを解約してセットトップボックス(STB)を外してしまうと、J:COMのBSはトランスモジュレーション方式で違う周波数に変換されてしまうので市販のBSチューナーでは見えないのです。

これをNHKふれあいセンターに電話で説明すると、本当にみることができないことを何度も確認され(しつこい!)、書類を送るのでそれに記入して、なおかつJ:COM TVの撤去工事の完了報告書のコピーを添えて送るようにとのことでした。

J:COMの工事(撤去)とNHKの手続きが終われば使ってもいないものへの無駄な支払いも減るというものです。

必要なものはきちんとはらうのは当たり前ですが、無駄なものは支払わないのが基本です。

で、肝心の現状ですが、J:COMによるSTB撤収は終了し作業報告書をもらいました。

NHKのほうは電話してから1週間ちょっとで書類が返信用封筒とともに送られてきました。

NHKの受信料はJ:COM経由の団体一括支払いをしていましたが、J:COM TVを解約したため受信料支払いは別途クレジットカードか口座引き落としで支払う必要が出てきますので、そのための用紙も入っていました。

これで我が家のBS受信環境撤廃とNHK衛星契約解約が完了しました。

住まいと日常カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!