東芝 ポータブルラジオ TY-HR2

先日、たまたまビックカメラに立ち寄り、ふらりと除いたラジオ売り場で気に入ってかってしまいました。

はい、まずは外箱ってことで。

文字通りの超シンプルなワイドFM対応のAM/FMラジオです。

  • AC電源(アダプタ不使用、直接ACコードが出る便利なタイプ)
  • 単1電池3本使用

驚異的なのは電池持続時間です。

  • 内蔵スピーカー使用時
    AM受信:約400時間、FM受信:約300時間
  • イヤホン(32Ω)使用時
    AM受信:約800時間、FM受信:約600時間

イヤホンで最長い800時間、電源を入れっぱなしでも33日持つ計算になります。スピーカー利用でもその半分、2週間はもつことになります。まあ、普通に使えば数ヶ月はもつのではないでしょうか。

おや、今時珍しい発泡スチロールの緩衝材。

説明書。超シンプルなのでなくても使えますが、一応。

なんともシンプルですねぇ、こういうの好きです。

上面に電源スイッチとバンド切り替えスイッチ。アンテナは360度回るタイプ。

右側は選曲ダイヤルと音量調整。

左側はイヤホンジャックとACコードのジャック。

FMはモノラル仕様ですが、ステレオイヤホン・ヘッドホンを刺せば両耳から同じ音が聞こえます。片耳だけから音がでるわけではないです。半分青いわけではないです。

ショルダーベルトは親切なことに最初からつけられています。

ラジオにショルダーベルトって、昔のドラマ「肝っ玉かあさん」で岡本信人さん演じる小林健次が四六時中ショルダーベルトでラジオを下げてイヤホンで聞いているのですが、それを彷彿とさせるものであります。

現実にはどこかからぶら下げておくには使えますが、ドラマのように肩から斜めがけにして….ってのは多分ほとんどありえないかも。

同じ売り場にSONY ICF-506がありました。価格はあちらのほうがお高いのですが、個体差でしょうかダイヤルが硬くてバックラッシュがひどくちょっと使えない印象。引きが悪くてこういうのを買ってしまうと嫌なので、TY-HR2にしました。

ダイヤルは非常にスムーズで、AMの感度も良好です。音量も普通にリビングで聞くには十分です。

ただ、単1を3本という半端なのが困ります。大抵は2本入りか4本入りですから、3本入りってのはEVOLTA6本パックとかを半分使うことになります。2本で頑張って欲しいところ。さすがにラジオに単1を4本は多すぎる感がありますので。

いずれにせよ、格安で買える長時間駆動の安心高感度ラジオです。


コメントを残す