日本トランスオーシャン航空(JTA)のさくらジンベエジェット

日本トランスオーシャン航空(JTA)のさくらジンベエジェット

ジンベエジェットとは

みなさん、空港で一度くらいはみたことがあるかもしれません。桜色(あるいはブルー)のジンベエザメ柄にペイントされたJALのジェット機です。

最近はANAの亀さん柄のホヌジェットがすっかり有名になりましたが、JAL(正確にはグループ会社の日本トランスオーシャン航空)では2012年12月から美ら海水族館とのコラボで出来上がったのが、ピンク色のさくらジンベエジェットとブルーのジンベエジェットです。

ジンベエジェット誕生秘話(JTAサイト)

 

乗ってしまえば窓から見える機体は普通に737ですが。

さくらジンベエに乗れた

私が乗ったのは福岡から那覇に飛ぶJTA061便でした。

飛行中外を見ると積乱雲がもくもく。

機内Wifiで外部接続したiPhone 8とペアを組んでいるApple Watchを見ると、ロケーション表示はみたことがない(多分今後も滅多にみない)こんな表示でした。

だぁー、「東シナ海」ですか。

確かにその通りなんですが。

カップが可愛い

機内サービスで配られた飲み物の容器が可愛いのです。

可愛いなぁ、このカップ。

と、Tweetで呟いたら、本家JTAさんからいいねをいただきました。ありがとうございます。

VR

同社サイトにありますが、機内Wifiと搭乗客手持ちのスマホを使ったVRプログラムを楽しめます。

CAさんに言えば簡易VRグラス(紙製でスマホを差し込むもの)をくれるそうですが、知らなかったのでiPhoneで単体体験。

VRにはなりませんでしたが、周りを熱帯魚やジンベエザメや亀が悠々と泳ぐ様子がいい感じ。

こんなことをしていると福岡からのおよそ1時間半はあっという間です。

フライトスケジュール

ジンベイジェットのスケジュールは青いジンベエとピンクのサクラジンベエともにJTAのサイトにあります。

機会があればぜひ狙って乗ってみてください。

そしてCAさんに簡易VRグラスをもらってVRプログラムも楽しんでみてください。

 

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事