人気の温泉地「箱根」で荷物を持たずに楽をする!箱根キャリーサービスを使う

人気の温泉地「箱根」で荷物を持たずに楽をする!箱根キャリーサービスを使う
記事内に広告が含まれています。

首都圏在住の人が行く温泉といえば筆頭にあがるのは間違いなく箱根でしょう。近場なので一泊二日でのんびり温泉に浸かり美味しい料理を食べてリフレッシュするという方が多いのです。一泊なので荷物は少ないですが、それでも持って歩きたくないですね、そんなとき箱根キャリーサービスを使いましょう。


箱根は首都圏でトップ人気の温泉地

関東地方で有名な温泉地といえば、草津温泉(群馬)、箱根温泉(神奈川)・鬼怒川温泉(栃木)・伊香保温泉(群馬)・万座温泉(群馬)・湯河原温泉(神奈川県)などがあります。

首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)に限定すれば、箱根温泉と湯河原温泉があり、知名度と人気度では箱根温泉がトップ

首都圏にお住まいの方であれば、一度は箱根に足を運んだことがあるでしょう。

定番は一泊二日の箱根

近場の温泉地であり、新宿から箱根湯本まで小田急ロマンスカーで約100分2,470円で行けますので、交通費でも都内から最も安くで行ける温泉地です。

首都圏住まいの人が箱根へ行くのはほとんどが一泊二日でしょう。荷物も少なめで、夫婦で箱根一泊二日ならボストンバッグ1個か小型のキャリー1個で十分でしょう。

大涌谷や芦ノ湖の風景を楽しんでから、温泉に入って美味しい夕食と朝食を頂いて朝も温泉に入ってという束の間の非日常です。

2021年7月にリニューアルが完了した箱根ロープウェイは2本のワイヤーにぶら下がるもので、安定して揺れにくく乗り心地がとても良いです。

箱根といえば大涌谷、硫黄の匂いがぷんぷん。名物は黒玉子。

芦ノ湖といえば遊覧船ですが、箱根神社も見逃せません。



【広告】

荷物を駅から宿まで配送してくれるサービス

箱根湯本駅から宿まで荷物を運んでくれる有料サービスがあります。

箱根湯本で小田急ロマンスカーを降りたらそのまま駅構内の預かり所で荷物を預けて、手ぶらで強羅・大涌谷・芦ノ湖・箱根神社などを回って、宿に向かえば荷物が待っているという、実に嬉しいサービスです。

2024年2月7日からオンライン予約(箱根湯本駅→宿のみ)が開始されています。

[公式] 箱根キャリーサービス(手荷物運送)

受付受け取り
行き12:30まで宿で15時以降
帰り宿で10時まで13:30〜19時に駅で受け取り

料金は片道で以下の通り。

サイズ料金
3辺の合計が120cm以内で重さ10kg以内900円/個
3辺の合計が150cm以内で重さ20kg以内1,100円/個
3辺の合計が200cm以内で重さ30kg以内1,600円/個

オンライン予約で対応している宿は以下のリンクのPDFにある通り。それ以外の宿はオンライン予約ではない、その場で受け付ける通常窓口で相談です。

[公式] オンライン予約対応宿一覧(PDFファイル)

宿泊する宿がこの中にあれば、前述の公式サイトからオンライン予約しましょう。オンラインの場合は支払いはクレジットカードとなります。

オンライン予約客専用の窓口はその近くに別途設けられているようです。

オンライン予約でない場合は、改札を出て1Fの階段脇の奥に窓口があります。ロマンスカーが到着すると列ができる場合があります。過去利用した経験(オンライン以前)では結構並んでいる場合がありました。

注意事項

荷物受付時間が12時30分までなので、予約をしていても余裕を見て12時過ぎまでにつくロマンスカーでないと利用できませんのでご注意ください。箱根湯本駅での預け締切時刻はオンライン予約があってもなくても12時30分です。



【広告】

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事