イヤホンマイク(ヘッドセット) PLANTRONICS M70

イヤホンマイク(ヘッドセット) PLANTRONICS M70

前回、会社名すらよくわらかないSPOON B1というBluetoothヘッドセットが、iPhoneではこちらの話す声が小さすぎて全然使い物にならないと書きました。

さて、リベンジ戦ってことで、今回は、PLANTRONICS M70です。

【国内正規品】 PLANTRONICS Bluetooth ワイヤレスヘッドセット (モノラルイヤホンタイプ) M70 Black-Red M70-BR

昨日のSPOON B1とやらは、メインユニットが耳の後ろにくるため少々鬱陶しのと装着が意外と難しい。15分ほど装着していると耳(耳たぶとか耳の穴に当たる部分)が痛くなってきます。

でも、なにより、こちらの声がほとんど相手に聞こえないのでは話にならない。

さて、このPLANTRONICS M70はどうか。

まずは恒例、開封の儀。

よくあるプラのパッケージです。海外だと周囲を溶着したブリスターパックが多くて開封するのが大変なんですが、これなら大丈夫。

裏面は複数言語で書かれています。

プラントロニクスは本来というかアメリカの音響機器メーカーです。航空機はもとよりNASAの宇宙船にも採用されているヘッドセットを作っているそうでありますな。Wikipediaによればニール・アームストロング船長が人類初の月からの一歩を伝えた時に使ったヘッドセットがプラントロニクスのものだそうです。

閑話休題。

中身を取り出すと本体がプラ板に挟まっています。これ、どうやってはずすの?

写真でいうと左下側に出ているU型のプラ板を左側に引っ張れば、余裕ができて板から外せます。

これが内容物全て。説明書にはちゃんと日本語のものもあります。それにUSBケーブル、耳にひっかけるための透明なフックパーツが入っています。

フックをつけて耳たぶにひっかけないと、簡単に耳から落ちます。というかAirPodsに近い感じ。カナル型ではないので外部音も普通に聞こえて会話ができます。逆に言えば、あまりないとは思いますが、これで音楽とか聞くと激しく音漏れするので要注意。

おっさんのきったねぇ横顔ですみません。装着するとこんな感じ。

肝心の通話はどうか?

OKです。iPhone Xで試しましたが全く問題なし。

昨日のSPOON B1ってなんなんだ?iPhoneでテストしてないだろ、としか思えない。個体不良なら別ですけど。

さて、M70はAmazonで私が買った時には2,906円というお手頃価格でした。

接続などのアナウンスは日本語に切り替えることが可能です。女性の音声で接続や電源オン・オフなどをアナウンスしてくれます。

「電源オン、連続通話時間11時間、携帯電話1が接続されました、携帯電話2が接続されました」といったアナウンスがイヤホンから流れます。最大2台の携帯電話(スマートフォン)と同時接続が可能です。

なかなか、使えそうです。

デジタルガジェットカテゴリの最新記事