Androidホームアプリ、Nova Launcher PrimeとMicrosoft Launcher

Androidホームアプリ、Nova Launcher PrimeとMicrosoft Launcher

iPhoneではできないけれど、Androidで出来ることの一つが、好きなホームアプリを使えることです。筆者は長い間Nova Louncher Primeを使っていました。ふとしたことで先日Microsoft Louncherを使ってみました。使う前はバカにしていたMicrosoft製ホームアプリですが、使ってみれば高機能なNova Louncherとほぼ互角に渡り合えることがわかりました。


Nova Launcher Prime

ホーム画面については、シンプルにまとめる人とぐしゃっといろいろ詰め込む人がいます。

筆者はどちらかといえば後者のほうで、なんでも詰め込みたくなります。

そういう人に向いているのがNova Launcherです。

ドロワーに並べるアイコンの列数・行数やアイコンの形、通知バッジなどについてかなり自由にカスタマイズできます。

料金:499円(2023/11/27時点)
ダウンロード数:5,000,000+ 件
レビュースコア:4.6(レビュー数36.3万件)

先日、友人のNova Launcherのホーム画面がグシャっと詰め込んだ自分好みだったので、真似をさせてもらいました。

ドロワーは6列x8行配列としています。

普段よく使うアプリやアプリを入れたフォルダーを配置しました。

左上にYahoo!ニュースのウィジェットを配置するのは友人のアイデアでありまして、Yahoo!ニュースウィジェットは1記事1行見出しを並べてくれるので、Googleニュースのそれよりは多くの見出しを狭い場所で見ることができます。このウィジェットに表示されている見出しはスクロール可能です。

最下段の検索バーは、「表示しない」「ウィジェット」「ドックの上」「ドックの下」「最上部に固定」から選べます。

レイアウトや設定などはスマートフォンのローカルストレージか任意のクラウドにバックアップできます。



【広告】

Microsoft Launcher

使うまではバカにしていました、ごめんなさい、マイクロソフトさん、って感じ。

[Google Play] Microsoft Launcher

料金:0円(2023/11/27時点)
ダウンロード数:50,000,000+ 件
レビュースコア:4.7(レビュー数159万件)

Nova Louncher Primeと違って無料ということもありますし、Nova Launcher Primeとほぼ同等の機能を持っていますので、ダウンロード数とレビュー数は一桁多いです。

上記のNova Launcher Primeと同じ配列にしてみました。

こちらもアイコン系やドロワーのアイコン配列などかなり自由度が高いです。

Nova Launcherと違って検索バーの位置を変更することはできません。

筆者はPC・Mac・iPhone・Androidの全てでスケジュール・メールアプリとしてOutlookを使っており、Microsoft 365 Business  Standardを契約していることもあって、何かとMicrosoft Louncherのほうが相性が良いです。

ドロワの1枚目の左側(右にスワイプする)があり、そこにフィードをいれることができ、ニュースフィード(MSN)と概要を表示できます。概要にはOutlookカレンダーの本日の予定、よく使っているアプリのアイコン8個、最近使ったOneDrive上のドキュメント(WordやExcelのファイル)等々を出しておけるのが筆者的には便利です。

レイアウトなどの設定はスマートフォンのローカルストレージがクラウド(OneDrive)にバックアップできます。

まとめ

Nova Launcher Primeは優れたホームアプリであるが、Microsoft Launcherもほぼ同等の機能をもっており同じようなホーム画面を作ることができる。

どちらもレイアウトなどの設定をバックアップ・復元できるので、機種変更したときのホーム画面再構築の手間が激減できる。



【広告】

モバイル・関連ガジェットカテゴリの最新記事