iPhone SEとiPhone 7

iPhone SEとiPhone 7

つい先日まで、メインはiOSデバイス(現在はiPhone 7)、サブにAndroid(直近まではXperia Z5)でした。全く異なるアーキテクチャなので、OSのバグなどの障害を同時に同じように受けることはないのがメリットですが、そんなことはそうそうある話ではなくて、むしろ、アーキテクチャが異なるために、データのやりとりやら共有に苦労することもかなりあるわけです。

巨大なスマホは要らない!

そんなときにふと眼についたのがiPhone SE。4インチ液晶の今となってはコンパクトなスマートフォンです。Androidデバイスは巨大化する一方で、進撃の巨人並みにでかいのが当たり前になっています。

でかい画面は確かに見やすいですし情報量も多いのですが、携帯性には難があります。iPhone 6 plusもそうでしたが、ジーンズのポケットに安全に入れるのは絶対無理。スラックスでもぎりぎりで、座ると存在感アリすぎでめっちゃ突っ張って座りにくい。女性はいつもバッグを持ってその中に入れれば良いですが、男性はポケットに入れることが多いのでそういう意味ではでかすぎるのは困ります。

Xperia Z5も今となってはAndroidの中では決して大きなスマートフォンではありませんが、ズボンの中で存在感がかなりあるのは間違いない。そんな思いをずーっと持っていて、Androidの小さいのを探していたのですが、はっきりいってろくなのがない。巨人サイズには良いのがありますが、そんな馬鹿でかいの要らない。

持ち歩くにはでかすぎる、タブレット代わりに使うには小さすぎる、中途半端なんです。

でかい画面が欲しければ、私は手持ちのiPad mini 4を使います。Apple Payを使っていなければ、iPhone SEとiPad mini 4の組み合わせも結構良いと思います。特にiPadのほうは通話不要なので、MVNOで安く縛りなしに使えますので、買うなら絶対SIMフリーです。

iPhone SEを買う

ま、そんなこんなで、Xperia Z5からiPhone SEに乗り換えることにしました。

購入したのはApple謹製のSIMフリー64GBモデル。価格は税抜きだと5万円を切っていますので、巨大なAndroidより安い。

iPhone SE SIMフリーの発売時価格は64,800円。それが59,800円になり、iPhone 7発売でさらに下げられて49,800円と、当初より15,000円も安くなっています。ちなみにauだと69,480円と2万円も高いです。セカンドフォンをわざわざキャリアから買う理由は全くありません。iijmioかmineoがあるじゃないですか、信頼の2大MVNOです。

今更キャリアモデルなんざ買いません。現在持っているスマートフォンやタブレットは全部SIMフリーモデルです。縛りがなく自由なのが良いです。

この組み合わせで良いのはiPhone 7をズボンのポケットに入れても、iPhone SEは楽々シャツのポケットに収まること。

iPhone SEのメリット

iPhone SEはiPhone 6sと同じA9チップなので、自分の使う範囲においてはGUIの反応速度さなどは感じません。

同じiOSなので、ちゃんと設定すればSMS/MMSは両方に届くのでどちらで読んで返信すればOK。返信や送信につかう番号が決まっていれば、どちらから打ってもその番号からの発信にすることもOK。これはAndroidでは出来ない技で、Androidとの二台持ちで不便に思ったところの一つ。

日々の小遣いや自分のカード、口座の入出金管理にはiOS/MacのPocket Moneyというアプリを使っていますが、オリジナルはiOSで、iCloudでBackup/Restore機能があるので、片方で入力してiCloudバックアップすれば、もう片方でRestoreすればOK。できればEvernoteみたいに即時にクラウド経由同期できればいいのですが、そこまでは進歩していません。ですが、Androidだとそうはいきません。一応Android版もあるんですが、これがヘボい。当然iCloudとか使えないので、Mac相手にWifi経由しか同期できない。なんだかなぁ。

片方が充電中でももう片方でほぼ同じことが出来ます。ほぼ、といったのはApple Payがらみはハードに違いで絶対的に同じにならないのと、銀行系のアプリは同じIDでは二台は動かないものもあるからです。

とは言えiPhoneではできないこともある(自分限定)

唯一、私の使い方の中でAndroid以外では不便なのがSmart Alarmが使えない。このAndroidアプリ、祝日指定、休暇などの特別な日を指定してのアラーム時刻設定できる超優れもの。こうしたアラームアプリはiOSにはありません。これだけは残念です。

似たようなアプリはありますが、アプリを終了させるとアラームは動かないという弱点があります。これはOSというかシステムとして動くものをユーザーには開示していないiOSの故ですが、それが故に危険なソフトも少ないわけなので、まあ、仕方ないです。

ただ、基本的には私はiOS・MacOS派です。他にもAndroidじゃないと出来ないことは沢山ありますが、それらには興味はありません。非常にiOS贔屓なのです。

それは置いておくとしても、iPhoneに興味があるけど、高いしなぁ…って方、ちょっと持ってみたい方、SIMフリーのiPhone SEをMVNOで持つことを薦めます。

モバイルカテゴリの最新記事