スマートフォンの液晶保護シート・保護ガラスは本当に必要ですか?

スマートフォンの液晶保護シート・保護ガラスは本当に必要ですか?

スマートフォンを買うと多くの人はすぐに保護シート・保護ガラスを貼り付けると思います。でも、それ本当に必要ですか?素のままで使ってみたことがありますか?

保護シート・保護ガラスの種類

今や新機種が出るとほぼ同時に複数社からその機種用の保護シートや保護ガラスが発売されますので、スマートフォンと同時に購入して直ぐ貼り付ける人も多いと思います。

その保護シート・保護ガラスには大きくわけて、樹脂製のものとガラス製のものがあります。

樹脂製のシート

樹脂製のシートはPET素材を基本素材としています。 PET素材とはいうのはポリエチレンテレフタレート(Polyethylene terephthalate)の略です。

メリット:

・ガラスシートより安いものが多い(機種によっては100均でも売っている)。

ディメリット:

・貼り付ける時に気泡が入りやすく、綺麗に貼るには経験とテクニックが必要。
・指紋や手指の脂が付きやすく汚らしくなりやすく、汚れも落ちにくい。
・素材が柔らかいため、正面からの衝撃をやらわげるのはほぼ不可能。
・比較的短時間で隅から剥がれてきたりする。

ガラス製のシート

文字通りガラス製のシートです。非常にクリアなのが特色ですが樹脂製よりは厚みが出る傾向があります。

メリット:

・樹脂製シートに比べると貼りやすい。
・手指の指紋・脂がつきにくく、汚れても落としやすい。
・硬質素材であり正面からの衝撃によるダメージは樹脂フィルムよりは液晶ガラスのほうが少ない。
・一旦貼り付ければ自然に剥がれてくることはほとんどない。

ディメリット:

・樹脂フィルムよりは高い。
・厚さによってはタッチ感度が鈍る可能性がある。

保護シート・保護ガラスの目的

大事なのは目的です。

貴方は液晶面を何から保護するために貼るのですか?

これをはっきりしたほうが良いです。
それにより樹脂製でよいかガラス製が良いかも違ってきます。

衝撃から守りたい?

落としたときの衝撃から守りたいなら、保護シートや保護ガラスよりケースに配慮すべきです。

角から落ちたときのダメージを防ぐのであれば、大きさにゆとりのある革製の手帳型ケースを使えばOKです。手帳型ケースなら画面も保護してくれます。

メーカーはいろいろ効能を書きますが、保護シートや保護ガラスで落下衝撃から液晶を守るというのは難しいかと思います。

傷をつけないようにしたい?

一理ありますね。

本体はケースで守る。でも液晶は?という訳です。

男性の場合ポケットにスマホを入れる人が多いと思いますが、ポケットの中にスマホだけが入っている状況においては、画面が傷つくことはまずありません。

危ないのは家や車の鍵、裸の小銭と一緒に入れること。
これは男女問わずバッグに入れる場合も同様です。

バッグに入れるときは他にものと一緒にせず単独のインナーポケットに入れるほうがベターです。

液晶保護シートや保護ガラスを貼付すれば液晶の身代わりになって傷を受けてくれる可能性が高いです。

油断ならないのはポケットの中のゴミ。微細な砂の粒子などは要注意で非常に細かい擦り傷の原因になります。
そういう意味では保護シートはあったほうが良いのは確か。

でもね、ポケットの中は綺麗にしてきましょうよ。
ポケットの中がゴミでザラザラとか絶対だめです、スマホの傷以前の問題として不潔です。

汚れから守りたい?

指紋や手指の脂、女性の場合はファンデーションがついてしまうなどがあるあるの悩みですね。

フィルムやガラスの中には表面のコーティング処理で指紋や汚れがつきにくくしているものがあります。

でも、普通のスマホでも汚れが取れにくいなんてあまり聞きません。

手指の脂やファンデーションはハンカチはティッシュでは綺麗に落ちません。

実は新聞紙が皮脂汚れ落としに安上がりで好適です。
一番きれいになるのはマイクロファイバークロスです。

このマイクロファイバークロスは本当に皮脂汚れなどが綺麗に落ちます。
クロスが汚れたら普通に選択すればOK。
スマートフォン売り場で、割高なクリーナーなんか買う必要はありません。

筆者はマイクロファイバークロスの愛用者です。

ちなみに、マイクロファイバークロスを使ってすぐに綺麗になるのは、ガラスフィルムと何も貼らない素の状態です。樹脂フィルムだともちろん綺麗にはなるのですが、一拭きで綺麗になるということは滅多にありません。汚れ落ちが良いのもガラスフィルムの特徴と言えます。

素の美しさを知ろう

多くの人はスマートフォンを買って直ぐに保護シートを貼り付けるかもしれませんし、ときには購入店舗でそのまま貼り付けてもらったりするでしょう。

スマートフォンメーカーは何も貼り付けない状態で最も綺麗に見えるようにしている。

スマートフォンの液晶だってただのガラスではなく強化ガラスです。

例えば、HUAWEI Mate 20 Proは液晶面と背面の両方がCORNING® GORILLA® GLASS 5です。

CORNING® GORILLA® GLASS 5は1.6mの高さから自由落下させても80%は傷や割れが発生しないこととなっています。

ちなみに、1..6mの高さから落ちると落下速度はどうなるのでしょう?
基本的な物理です。

重力加速度g=9.8m/s2、高さをh(m)、落下までの時間をt(s)、落下の瞬間の速度をv(m/s)とすると以下の式で求められます。

t=√(2h/g)
v=√(2gh)

したがって1.6mから落下させると、

t=0.57(秒)
v=5.6m/s=20.1km/h

です。

時速20kmってママチャリで目一杯こいでもかなり難しい速度。ちなみにウサイン・ボルトは最高45km/hだそうですが。

かなりの衝撃ですね。

ただし、こうした強化ガラスでも一度目の衝撃で目に見えない程度の傷が入った場合に二度目の衝撃が加わると割れる可能性もあるも言いますので要注意です。

ともあれ基本的には素でも十分丈夫にできていますので、ボディ保護のケースだけを装着して保護フィルムとか保護ガラス無しでつかってみてはいかがでしょうか?

え! 私のスマホの画面でみる画像ってこんなに綺麗だったの?と思うこと間違いありません。

まとめ

保護ガラスにせよ保護フィルムにせよ、画面を何から守るために貼るのかをはっきりさせよう。

ポケットの中のゴミ(砂粒など)は要注意、微細な傷の原因になる。

スマートフォンを保護フィルム・保護ガラスなしで使うと画面の綺麗さに驚くはず。

モバイルカテゴリの最新記事