HUAWEIのスマホのバッテリー交換をHUAWEIへ依頼する手順公開、HUAWEIからの応答はほとんどないという酷さ!

HUAWEIのスマホのバッテリー交換をHUAWEIへ依頼する手順公開、HUAWEIからの応答はほとんどないという酷さ!

愛用のHUAWEI Mate 20 Pro(UQモバイルのSIM利用)も、先日docomo AQUOS sense5Gの5Gギガホ プレミアへMNPして遊休機となりました。すでに一年と何ヶ月か経過しているので、バッテリー交換してリフレッシュすることにしました。HUAWEIに直接依頼したのですが、手順でちょっと注意点がありましたのでシェアしておきます。

HUAWEIのバッテリー交換

スマートフォンのバッテリー交換は、市中にもいろいろなお店があります。

しかしスマートフォンのリチウムイオン電池あるいはリチウムポリマー電池については、ニュースでも中国での発火事故の画像が放送されることがあるように危険をはらんでいるのも事実です。

そうした事故のリスクを下げるために、どこのスマートフォンであってもメーカーの正規保守ルートにて交換をすべきです。

メーカー非認定の修理ショップで使われているバッテリーはメーカー認定品とは限りませんし、その結果として発火事故などにつながれば最悪は人命を脅かします。

HUAWEIも例外ではなくバッテリー交換は絶対にメーカー直接もしくは認定修理店に依頼すべきです。

ただし、修理対象となるのは日本国内で販売店から正規購入したもののみとなります(修理に購入証明が必要)。

かかる費用の目安

HUAWEIのサイトに一応情報があります。

これによれば、上記ページに書かれているスマートフォンについては一律7,700円とされています。

が、実はちょっとだけ違いました(後述)。

ホームページから修理申込み

冒頭の修理申込みのページに入って、「宅配修理オンライン申込みをする」をクリックすると以下のような詳細入力ページが現れます。

基本的には書かれた内容を入力していくだけですが、電話番号は携帯電話番号を入れることを勧めます。

認証コードはメールアドレスの確認でしょう、入力したメールアドレスに対して認証コードが送られるので、それを入れます。

すべて入力したら「送信」をクリック。

確認メールも来ない・画面も変わらない

ここが最大の問題です。

上記の依頼フォームで「送信」をクリックすると、常識的には修理受付画面になり確認メールが送られてくるはずですよね。

HUAWEIのオンライン修理申込みは「送信」をクリックしても画面はそのまま確認メールも届きませんが、それで正常のようです。

ありえないでしょう!

筆者も数回繰り返しましたが画面の遷移や確認メールなどは届きませんでした。

これで正常らしいので、それを信じて以下のものを添付して着払いで発送します。
・購入証明(納品書か詳細がかかれた領収書)
・上記修理申し込みのハードコピー(入力した内容が欠落無く印刷されていることを確認しましょう)

不安が残りますがこれで正常らしいですなぁ。

発送後

荷物をHUAWEIが受け取ると、申込みWebで入力した電話宛にSMSで荷物の受領通知が来ます。これが携帯電話番号を記載する理由です。

そして当日か翌日には普通のメールで修理見積もりが届きます(PDFファイル)。それで問題なければ印刷して署名してスキャンして返送します。

スキャンがなければスマホで撮影して送信でも良いでしょう。筆者はスキャンしてPDFにして返送しました。

HUAWEI Mate 20 Proのバッテリー交換修理費用:
・部品代:1,700円
・技術料:6,050円
・運送/代引手数料:300円
合計8,080円

サイト記載の7,700円と微妙に違います。

修理費用は着払いとなります。

筆者の場合は宅急便コレクトでした。

筆者の場合は木曜日夜にWebから申し込み(前述のとおり一切の自動応答等なし)。
金曜日朝に宅急便営業所より着払いで発送。土曜日朝には宅急便追跡では受取人が受取日時変更。
月曜日午前中にHUAWEIよりPDFで見積もりが届いたので、確認の署名をしてスキャンして即刻返送、その日のうちに宅急便コレクトの配達通知があり。
火曜日に受け取り。

土日がなければ、発送してから二日目で届いたことになります。バッテリー以外に故障がなければ土日を挟んでも余裕を見て一週間くらいあればOKな気がします。

まとめ

スマートフォンのバッテリー交換はバッテリー発火などの事故防止のために、どのメーカーであってもメーカー正規修理のお店かメーカー直接を依頼すること。

HUAWEIのバッテリー交換はWebから直接メーカー修理を申し込める。

HUAWEIの修理依頼フォームに入力して送信しても画面は変わらず(完了画面などは出ないでそのまま)、確認メールも来ない。

修理依頼フォームに記入する電話番号はSMSを受けられる携帯番号にすること、荷物が届いたらSMSで受領メールが来る。

修理費用は送料込みなので発送は着払いで行う。

修理費用見積もりが事前にメールでPDFにて届くので問題なければ署名して返送(スキャンか撮影)。

対応は早く、発送後土日を挟んでも一週間以内だと思われる(筆者は土日を含んで発送後4日目に受け取れた)。

HUAWEIの連絡対応はほとんどない!
Webから申し込みしても画面は一切変化なしなので、Web申し込みがうまくいったかわからない、受付メールもないという前代未聞の酷さ。
HUWEIからの連絡は要修理品受領のSMSと見積もりPDFのメールのみ。見積もりに対して承諾を返しても一切応答なし。
・修理上がり品は代引きで送られるが、その発送通知もないという酷さ。
・HUAWEI Mate 20 Pro自身はいい製品だと思うが、アフターサービスの周辺(ユーザーとのやりとり)が前代未聞の酷さ。下手すれば要修理品が行方不明になる可能性すら感じる

HUAWEIを使うには覚悟が必要だと感じました(チャイナリスクも高い会社なので二度と買いませんけど)。

保守サービスが必要になった時点でその製品を捨てる覚悟ならいいですが、そうでないなら買うべきではない!というのが結論。

モバイルカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!