iOS16の写真被写体切り抜き機能は凄すぎる!

iOS16の写真被写体切り抜き機能は凄すぎる!

iOS16から実装された写真被写体切り抜き機能を試してみたところ….凄い、凄すぎるとしか言いようがありません。

スポンサーリンク

方法

(1) iOS16(iPhone 8以降のiPhoneのみ)で新たに実装された機能なので、まずiOS16にバージョンアップすること。

ただし、重要で不可欠なApple製以外のアプリを使って入れそれがないと非常にまずい場合は、絶対すぐにバージョンアップはしないこと。そのアプリのベンダーからiOS16対応のアナウンスが出てからにしてください。興味本位でやるとえらい目に会う可能性があります。

(2) 過去に撮った写真でも良いので写真アプリで吉撮りを試したい写真を開きます。

(3) 切り出したい人物や被写体(人間でなくてもなんでも良い)を長押しします。

(4) ちょっとまつとiOS16のAIさんが被写体を認識して切り取ってくれます。白い波のようなものが切り取り対象の被写体に走るのでわかります。そして切り抜き対象となる被写体の周りを白い光がゆっくり走り続けます。

(5) 指を離すと「コピー」「共有…」のメニューが出てきます。「コピー」ならクリップボードに入りますのでお絵描きアプリなどで貼り付ければいいですし、「共有」すると、切り抜かれ被写体がぎりぎり入るサイズの画像が共有れます。共有の中にはいつものように「AirDriop」や「画像を保存」などががあります。

スポンサーリンク

切り抜き実例

オリジナル画像と切り抜き画像の例です。

切り抜き画像のサイズは、切り抜き対象被写体がぎりぎり入るサイズの画像になりますので、大きさがややことなっています。

なかなかすごくないですか?

切り抜きの境界調整などは一切できません。全てはiOS任せとなります。

スポンサーリンク

まとめ

iOS16の写真被写体切り抜き機能はかなり高性能で、狙った被写体を結構正確に切り取ってくれる。

切り取った被写体は、コピーしてクリップボードに入れたり、共有でAirDropや写真に落としたりできる。

面白いのはとても面白くて凄いのですが、すぐに思い浮かぶ用途がないですが…..筆者的には。

スポンサーリンク

モバイルカテゴリの最新記事