とても使いやすいiPhone 7 縦型ケース

とても使いやすいiPhone 7 縦型ケース

iPhone 7のケースを、これまでのTPUのクリアタイプから、PUレザーのフラップ式に買えました。

購入したのはこれです。

dreamplusのRETRO FOLDER JACKET iPhone 7。

Amazonで3,000円を切っていました。

ケースには背面と側面をカバーするジャケットタイプ、側面だけのバンパータイプ、ほぼ前面を覆うフラップタイプあるいは手帳型があります。

私がケースを使う理由は傷などをつけないようにするためなので、バンパーとか論外。

TPUのジャケットは厚みの増加を最小限に抑えられる、ポケットから出すとすぐ使えるのがメリットですが、一方で落下時などに画面保護は出来ないという弱点があります。

フラップタイプ・手帳型は、その逆で厚みの増加寸法はジャケットの二倍以上、ポケットから出しても画面を覆っている部分を開かないと使えないのがディメリットですが、落下時の保護性能はジャケットタイプよりかなり高いです。

さて、ジャケットタイプには手帳のような横型と、縦開きのものがあります。

個人的なオススメは縦型。理由は開いて使う時に手帳型だと幅が広がり片手で使えなくことが多いからです。まして電話として使う時はフラップが相当邪魔です。街で手帳で電話しているような人をたまに見かけるじゃないですか、あれ、相当格好悪い。

縦型のフラップには、iPhoneの上側に開くものと、下側に開くものがあり、オススメは上側に開くものです。下側に開くものはケースにLightningの穴が開いており、Lightningに電源やイヤホンを繋いでいて、フラップを開閉するときにはいちいちケーブルを外さないといけません。これはウルトラチョーめんどくさいでしょう。そんなの有りえません。絶対、上に開くものです。

さて、買ったのを写真で紹介します。

バッタモンに注意ってことね。

止めるのは磁気的な影響を与えないスナップ。それも右にずらしてあり、Lightningとの干渉をさけています上に開くのにど真ん中に留め具がついていたりして、何も考えていないだろ!ってのがありますのでご注意を。

裏にカードが一枚、フラップ内側に二枚入ります。Apple Payを使わない人ならOKでしょうけど、Apple PayでSuicaとか使うと、本体のFelicaとケースに刺したカードが干渉して上手く読めないと思いますので、Apple Payは非接触カードは入れないほうがいいです。Tポイントカードとかポイントカードがオススメ。

縫製も丁寧です。よく見るとわかりますが、下部をケースは塞いでいないことに注意してください。

留め具の縫い付け。

カメラ用の穴がありません。そのかわりフラップが簡単にカメラを露出できる形で開きます。手帳型やフラップタイプでメーカーが苦労するのがカメラの処理。背面に穴をあけてもフラップ側に工夫がないのでフラップを背面に回すとカメラを塞ぐなんてアホなのもあります。

その点これはよく出来ています。

フラップを閉じているとカメラは出ませんので、手に持っていて盗撮などと勘違いされることもありません。(まあ普通はないと思いますが)

写真を取る時は、フラップを背面に回して少し下げるとカメラが露出するところで上手くとまります。フラップ部分の端がiPhone背面下部から1.5cmほど飛び出しますが、実は使ってみるとこれが逆に写真を取る時にカメラじゃないiPhoneを上手くささえることができるようになります。これはいい意味で予想外。

ただし、このケース、ストラップホールはありません、残念。でも、使い勝手はとてもいいです。

スポンサーリンク

モバイルカテゴリの最新記事