MacBook 2017とSurface ProとTransBookデタッチャブル

MacBook 2017とSurface ProとTransBookデタッチャブル

近年の私のモバイルノートといえばMacBook Air 11インチでした。屋外持ち出しというよりは室内モバイルがほとんどでしたが、これはバッテリーも持つし、同じMacなのでメインのMac mini Late 2014に対して「どこでもMy Mac」で簡単にいわゆるリモート接続ができます。

しかし、いかんせん画面の解像度が低すぎます。1,366×768ピクセルですから普及機のスマホ並であります。それはデスクトップを開くとアイコンのデカさでわかります。老眼には優しいですが、フルHDが当たり前になりつつあるなかでちょっと表示情報量が少なすぎます。

Macの現役スリムノートなら選択肢はMacBookになります。解像度は2,304×1,440ピクセルと十分です。重量も0.92kgとお手頃。Wifiでのブラウジングで10時間程度ということでこちらもOK。構成を考えるとCore m3はちょっと論外ですので、中野程のCore i5を見てみましょう。

MacBook (2017)

  • Core i5 1.3GHz (Core i5-7Y54らしいです)
  • 8GBメモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • 0.92kg
  • ヨドバシ.comで、税込み189,860円
  • ヨドバシ.comなら5%還元で実質180,367円

まあ、結構なお値段です。モバイルPCにこれだけ出せるかどうか?

私、基本的にはMacがメインなのですが、別にMac命ではありませんし、Windowsも普通に使います。特にWindows 10になってからはかなり使い勝手が向上していますので、Macユーザーにも比較的使いやすくなったOSかと思います。

ただ、MacノートはMacBook Proを持っていますので、手軽に持ち運ぶものではないですが、持ち出してもメインに近い環境として使えるパワーとスペックを持っていますので、安心して使えるノートです。なので、今のところ、MacBook Airに代わってハイスペックかつ高くなったMacBookを買おうという気は全くありません。ただ、現状でスリム・軽量Macノートを探すとなるとこれしかないのが事実です。

では、最近引き合いに出しているSurface Pro(2017モデル)ならどうなるか。

Surface Pro 2017年モデルのミドルクラス (FJX-00014)

  • Core i5-7300U
  • 8GBメモリ
  • 256GB SSD ストレージ
  • 本体770g+タイプカバー310gで合計1,080g
  • Office付き
  • ヨドバシ.comなら、本体158,540円+タイプカバー20,950円で、179,490円
  • ヨドバシcomではポイント還元は低いので実質、175,967円

ほとんどMacBookと同価格帯と言えます。CPUもOSも違うので一概に比較はできませんが、デタッチャブルな所以外は同じような感じで使えるのではないかしら。

ちなみに、Surface Proのハイエンド構成だと…

  • Core i7
  • 16GBメモリ
  • 1TB SSDストレージ
  • ヨドバシ.comで本体341,060円+タイプカバー20,950円で362,010円

 

さすがに、30万円半ばちょい超えというのは、よほどの理由がない限りモバイルPCに出す価格じゃないです。こんなに出すなら違う選択肢を考えたほうが良いです。

さて私の愛用となりつつあるASUS TransBookは?

ASUS TransBook デタッチャブル

  • Core i5-7200
  • 8GB
  • 256GB SSD ストレージ
  • オフィス無し
  • キーボードカバー付属(Surface Proは別売り)
  • 本体830g、キーボードカバー込みでは1,170g
  • ヨドバシ.comで118.540円
  • ヨドバシ.comで実質106,686円

ということです。価格差でスペック差は当然存在しますが、価格差ほどの性能差ではないのがこの世界の不思議なところ。経験的には、類似シリーズならミドルクラスまでは価格と性能・スペックは比例しますが、それを超えると価格が上がるほどにはスペックは上がらないということです。なので、特別な事情がない限り他人にすすめるのはミドルクラスです。

さて、このTransBookデタッチャブルですが、Macユーザーである私から見ても「良い!」です。iPadと違って基本的にPCとして使い、必要な場合はタブレットにもなる、という自分のニーズにぴったり。MacBookは所詮ノートなので、キーボードを外すとiPadになるわけではありません。

Core i5-7200で8GBという構成ですが、別にゲームをするわけではないですし、Office 2016 (Office 365 Business)も普通にビジネス的につかう分には全く問題なしです。もちろん、WifiでAmazonプライムにて映画を見たりは何ら問題なし。

ちなみに、MacだとAmazonプライムでは映画は何故かHDにはならない(実際HELPにもそうあります)のですが、WindowsだとOKですので、これもOK。当然スリープにしたりスリープから起こしたりするのは瞬時とまではいいませんがタブレット的な使い方でも問題なし。

何より、シャットダウンは爆速だし、電源オフからのブートも非常に速いです。SSDをCドライブに持つLENOVO  LEGION Y520より速いのは驚きます。

今まで、Windows 10の2-in-1ノートって使えねぇとか思っていましたが、TransBookは違います。多分Surfaceも同じようなものだと思います。

毎日持ち歩くには1kgちょいというのは重いですが、嫌になるような重さでもありません。まあ許せる上限でしょうか。

今年の買い物で「買ってとってもよかった」ものの代表です。

PC/Mac/Internetカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!