Google DriveとOneDriveのどちらを使うべきか?選ぶポイントは?

Google DriveとOneDriveのどちらを使うべきか?選ぶポイントは?

Google DriveとOneDriveについては過去何度か記事にしていますが、どちらがいいのか?迷っている方のために、今回は家庭用プラン、個人でも契約可能な法人向けプランもふくめて選ぶポイントを紹介します。GoogleやMicrosoftの好き嫌いは横に置いて論理的に見てみます。


GoogleかMicrosoftか

Google DriveとOneDriveの比較はすなわちGoogle DriveとMicrosoft 365の比較となります。

大きな違いはMicrosoft Officeアプリのサブスクリプションが含まれるか否かです。

Googleのオフィス系アプリは無料公開されており、iPhoneやAndroidにはネイティブアプリはありませんが、WindowsやMacではブラウザ経由のWeb版のみとなります。Microsoft Officeとは互換性が微妙でMicrosoft Officeにエクスポートするとレイアウトが崩れてしまうことが多々あり、外部に出す場合にはMicrosoftのお世話にならざるを得ません。

Microsoft 365の場合、一部プランを除けばOfficeのサブスクリプションも含まれます。外部とオフィス系ドキュメントのやりとりがあるのなら、Microsoft 365のほうを選ぶべきです。

Microsoft Officeアプリを全く必要としないのであればGoogle DriveでもOneDriveでもどちらでもOK。Microsoft Officeアプリを使うならMicrosoft 365がベター。

ただしGoogleは無料で15GBストレージがあります(Microsoft 365の無料版は5GB)し、Androidは当然として、iPhoneでもGoogleアカウントは使うと思いますので、無料のGoogle Driveはサブの一時的な領域として使って損はありません。

有料か無料か(容量の差)

Google Drive、OneDriveともに無料プラン、家庭向けの有料プラン、個人でも契約可能な法人向けプランがあります。

無料と有料の最大の差はクラウドストレージの容量です。

GoogleMicrosoft
家庭用無料プラン15GB5GB
・Microsoft 365
家庭用有料プラン100GB〜5TB
・Google One
100GB
・Microsoft 365 Basic
1TB
・Microsoft 365 Personal
法人向け(個人契約可)30GB
・Google Workspace Business Starter
2TB
・Google Workspace Business Standard
5GB
・Google Workspace Business Plus
1TB
・OneDrive for Business
・Microsoft 365 Business Basic
・Microsoft 365 Business Standdard

Googleなら15GBを超える、OneDriveで5GBを超えるなら有料プランへの移行必須です。



【広告】

家庭向けか個人契約可能な法人向けか?

月額費用の範囲で使えるアプリや機能にも差があります。Googleの場合Googleドキュメントなどのオフィスアプリはもともと無料なので容量の差程度しか違いがありませんが、Microsoft 365の場合は容量と使えるアプリで差が出てきます。

機能とアプリの差

GoogleMicrosoft
無料プラン・無料のGoogleアプリ・Web 版とモバイル版の Word、Excel、PowerPoint、OneNote、OneDrive などのアプリ
Outlookのメールには受信箱に自動的に広告が入る
有料プラン・無料のGoogleアプリ
・Google ONE VPN
・Googleフォト編集機能
・ダークウェブモニタリング
<Microsoft 365 Basic>
・Web 版とモバイル版の Word、Excel、PowerPoint、OneNote、OneDrive などのアプリ
・広告なしのOutlookのメール
有料プラン<Microsoft 365 Personal>
最新のデスクトップ版、Web 版、モバイル版の Word、Excel、PowerPoint、OneNote、その他のアプリ
・広告なしのOutlookのメール
ビジネス向け<Business Starter>
・無料のGoogleアプリ
・独自ドメインメール
・100人までのビデオ会議
・スタンダードサポート
<OneDrive for Business>
ビジネス向けGoogle Workspace
<Business Standard>
・無料のGoogleアプリ
・独自ドメインメール
・150人までのビデオ会議
・スタンダードサポート
Microsoft 365 Business Basic>
・Web 版とモバイル版の Word、Excel、PowerPoint、Outlook のみ
・Exchangeによるメールと予定管理
・独自ドメインでのメール可能
・300人までの会議
・電話/Webサポート
ビジネス向けGoogle Workspace
<Business Plus>
・無料のGoogleアプリ
・独自ドメインメール
・500人までのビデオ会議
・スタンダードサポート
Microsoft 365 Business Standard>
最新のデスクトップ版、Web 版、モバイル版の Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Exchange、SharePoint、Teams、Outlook、Access、Publisher
・独自ドメインでのメール可能
・ウェビナー開催
・300人までの会議
・電話/Webサポート

Google Drive、OneDriveともに家庭向けプランと法人向けのプランには歴然たる差があります。

Google Driveのビジネス版はGoogle Workspaceになりますが、会社や組織でドメインを持ちその中で高度なセキュリティ管理ができるようになっています。設定次第で組織外へのファイル・フォルダー共有をできなくすることなどもできます。また独自ドメインでのメールアドレスを持てます(というか独自ドメインが必要)。

OneDriveのビジネス版はストレージだけのOneDrive for Businessと、Microsoft 365 Business BasicStandardがあります。Business Standardはモバイル版とデスクトップ版オフィスアプリのサブスクリプションが含まれており、さらにメールも独自ドメインメールアドレスを持つことができます(ドメイン維持費用が必要)。セキュリティなどについても高度な設定・管理が可能であるのはGoogle Workspaceと同じです。

GoogleもMicrosoftも法人向けプランを使うには、多少はセキュリティやネットワーク知識が必要になります。

サポートの差

サポートは法人向けプランのほうが充実しています。一度だけですがMicrosoft 365 Business Standardで電話サポートを受けたことがありますが、電話のつながりも早いしこちらの困りごとの理解が早くアドバイスも的確。解決できたことが確認できるのは翌日であるようなトラブルでしたので、翌日丁寧な確認の電話もありました。

GoogleもMicrosoftも家庭向けプランではこのような迅速丁寧なサポートは無理でしょう。まして無料だとサポートはないのが前提です。

アプリから使う場合の差

Googleの場合は家庭向けでも法人向けでもスマホやデスクトップアプリから見ればどちらも同じGoogleアカウトとして認識されます。

Microsoft 365 Business StandardやOneDrive for Businessといった法人向けのOneDriveでは、スマホのアプリが異なる場合があります(APIが若干異なると思われる)。すなわち家庭用OneDriveに対応しているアプリでも、法人用OneDriveには使えない場合が結構あります。これは不便なようですが、無料のアカウントと法人向けアカウントでの使い分けをきっちりしたい場合には重要な違いとなる場合もあります。

<参考記事> 2種類のOneDrive

2種類のOneDrive

まとめ

  1. Microsoft Officeを必要としない、ストレージ容量もあまり必要でないなら、Google Driveが簡単。どうせスマホでGoogleアカウントを使うでしょう?
  2. Microsoft Officeは使わないけれど、ストレージが必要、VPNが必要、スマホのGoogleフォトの編集機能(消しゴムマジック)が必要であればGoogle Oneを使う。
  3. Microsoft Officeのデスクトップ・モバイルアプリ(フル機能)を使うのであれば、Microsoft 365のPersonalかBusiness Standard。
  4. 独自ドメインメールを使いたければ、Google WorkspaceかMicrosoft 365 Business Standard。
  5. Microsoft 365 Personal、Business Standardを契約する場合でも無料のGoogle Driveは使って損はないので一つ持っておこう。


【広告】

PC・Mac・インターネット情報カテゴリの最新記事