まるで造り付けのような、パモウナの壁面収納 

まるで造り付けのような、パモウナの壁面収納 

壁面収納は当初からの希望だった

壁面収納にしたいなぁ

現在のマンションを買ったときに妻と意見が一致したのがリビングの壁(本当に壁しかないです、ドアとか窓がない純粋な壁)には壁面収納を導入しようということでした。

とはいえ、とりあえず当時使っていた家具を間に合わせにおいてそのまま時は過ぎ…。と、よくある話で今に至りました。

実現へのきっかけは猫だった

それがいきなり壁面収納導入に至ったきっかけはメルくんです。

ラグドール(長毛、中型)のメスで性格は大人しく、猫的に三次元に動くことは少なく、犬のように二次元生活をすることが多いので、子猫の時以外は変な隙間とかテレビの裏とかには潜り込むことはありませんでした。

しかし、メルは洋猫系ミックスの短毛のオス。とても甘えん坊でやんちゃな子です。もちろん純粋に猫的に三次元に活動します。テレビの裏はもとよりパソコンデスクのわやわやの裏に潜り込んだり。

これに対抗するには、当初計画の壁面収納にするしかありません。

工事なしに壁面収納を実現する

かなり長い間、適当な商品はないかと物色していました。

候補1:パモウナCA

最初に目をつけたのは「パモウナ CA」です。

類似品は他にもありますが、決め手はパソコンデスクユニットもあること。

そのパソコンデスクもちゃんと配線を通すスペースや、ごちゃごちゃになりがちなACアダプタや余ったケーブルのスペースがちゃんと設けられていること。

何より、モニターアームの取り付けも不可能ではない(奥に一定幅の隙間がある)ことでした。

候補2:Panasonic キュビオス

あるリフォーム業者にも相談して紹介されたのが、「Panasonic キュビオス」という壁面収納。

パモウナ CA」は大型のユニット組み合わせですが、「Panasonic キュビオス」はもっと小さい単位のユニット組み合わせ。

しかし、見積もりは馬鹿高で、二日間の工期という。中には電気配線工事なんてにもあって、何かと聞いたらコンセントを外して直接ACを引き込むのだとか。

いや、いや、そんな必要はないしそれは困る。

さらに実物をショールームに見に行ってさらにがっくり。価格の割に超安っぽい作りのペコペコ。

TVボードに至っては、家電メーカーのくせに壁面取り付け金具を使うことすらできない。

PCデスクも超絶安っぽくて、配線穴はありますが、「パモウナ CA」のように余分なコードの収納スペースもないし、奥に隙間がないのでモニターアームもつかない。

もう、見た瞬間却下でしたね。

さらに、今の古い家具は別途お見積もりでの引き取り(場合によっては引き取り不可)という、ネガティブ条件のオンパレード。

パモウナCAに決めた

結局、「パモウナ CA」は「Panasonic キュビオス」の半額ほどで施工というか搬入設置と不要家具引き取りまでやってもらえました。

施工(設置)は見積もりでは2〜3時間程度。

待望の壁面収納設置

事前準備はプチ引越し騒ぎ

実際の搬入前日には休みをとり、アマゾンで購入した段ボールに既存の書籍や小物をとりあえず放り込み、AVを外し、さらにややこしいことになっているPC周りを後から分かるように順次外してとりまとめ。

これだけで前日の丸一日が終了。まるで引越し騒ぎです。

設置当日

設置は、幅およそ4.1m、高さ2.4mの壁面全部を埋める大型設置になるので、家具屋さんの巡回順序は最後になり16時ごろから初めて19時半過ぎまでかかりました。

そもそも荷物(各ユニット)をトラックから下ろして、部屋の前に下ろすまでで半時間以上はかかっていました。

壁面収納完成

家具屋のお兄ちゃんが頑張って設置してくれた結果がこれ。

右手前に段ボール箱があるのはご愛嬌ってことで、これは一時置きです。

一番左は写真にはありませんが幅およそ20cm(この幅は一定の範囲でオーダー)のサイドキャビネット、次に40cmのキャビネット、80cmのパソコンデスク、140cmのテレビボード、60cmのキャビネット2本(1本は飾り棚仕様)、写真には写っていませんが右端はサイドフィラーという10cmちょい(幅はオーダー)の隙間埋めのダミー板。

ユニットの高さは1734mmなので、天井までの15mmほどを残した何十センチかは、高さオーダーの上置き棚です。

最終的には左右は全てネジで連結、上下もネジで連結し、上置きの後ろに板がありボルトでせり上がり天井(コンクリート)に対して突っ張り倒壊を防ぎます。開き扉は全て耐震ラッチ装備、ガラス部分は最初から飛散防止フィルム貼付済みです。

電気器具を置かないユニットであっても下部奥には全て同じ位置に数cm程度の円形の穴があいており、ケーブル類を横に通すことができます。

左側壁にはコンセントとアンテナ端子があるのですが、サイドキャビはオーダーでその部分に穴をあけることができます。

本当によくできています。

設置が終わり、テレビやPCを設置するとなんか、ショールームみたいになりました。

パモウナCAは細かい点まで良くできている

テレビはもちろんパモウナCAのオプションのアームによる設置。

アームも前後にはある程度角度も含めて伸縮可能なアームをつけております。

従来は本棚に押し込めていたAVアンプとスピーカーはテレビボードに収納。アーム設置なのでテレビの下はフリーですから、ここにJ:COMのセットトップボックス(レコーダー)を置きました。

下のデッキスペースには、ひょっとしたら見るためだけにつかうかもしれないVHSデッキを設置。

Apple TVもこの中に入れました。Amazon Fire TV Stickはテレビの後ろです。小さいからね。

設置が終わった翌日も有給休暇で、朝から晩までとにかく出したPCやAVや本やらごちゃごちゃ小物を整理しながら収納していました。都合三日がかり。それでも妻管轄の本や書類の類の何割かは残っていましたが….。

これで、いかにも散らかっているというか、ごちゃごちゃ収納からおさらばできました。

うれしいーーーーー。

まとめ

パモウナ CA」は本当によくできています。

  • 造り付け工事不要な置き家具扱いですが、出来上がりは造り付けと変わらない。
  • 最終的に幅と高さは部屋にぴったりとオーダーできるので、ブサイクな隙間ができない。
  • 扉は全て耐震ラッチ、ガラス部分は最初から飛散防止シート貼り付け済み。
  • テレビは壁面取り付け可能で、地震にも強く下部がフリースペースになる。
  • パソコンデスクではモニターアームが使えるので、下部フリースペースが出来、地震にも強い。
  • パソコンでごちゃごちゃしごちな配線やルーターなどの収納部ご用意されている。

壁面収納にしたいけれどリフォームはちょっと…という方、パモウナ CA」をお勧めします。

住まいと日常カテゴリの最新記事