スマホと共存可能なデジカメに求める仕様

NO IMAGE

iPhone Xのカメラは確かに凄いけど、実は大してすごく無いなんて話を書きました。

それじゃ、お前が求めるのはどういう仕様なんじゃ?ということでメモ的に書いておきます。

  • 広角端は24mmもしくはそれ以下であること。ただし、ちっこいレンズであまり広げすぎると歪曲収差が酷くなります。程度問題ですが画像処理エンジンでの補正処理は不可欠。その補正性能も含めての収差を見ましょう。
  • ズームで望遠は3〜4倍程度、つまり80mm前後が無難。
  • 明るさは広角端でF2.0未満、望遠端でもF3.0未満が理想。レンズが明るいと自然の光を生かした撮り方がやりやすくなります。
  • ファインダー(電子ビューファインダー)必須。これがないと明るい屋外で非常に画面が見にくいのはスマホカメラで体験している通り。
  • センサーサイズは1型以上。
  • 光学式手ぶれ補正
  • 価格は1桁万円。

これを価格.comで条件検索すると、以下のような機種がはまりました。発売日の古い潤に並べます。

  1. SONY サイバーショット DSC-RX100M3
  2. パナソニック LUMIX DMC-LX100
  3. SONY サイバーショット DSC-RX100M4
  4. SONY サイバーショット DSC-RX100M5

サイバーショットのRX100シリーズが3つも出てきちゃいましたが、他に残るのはLX100だけ。これは私の愛用カメラの一つです。

センサーサイズではフォーサーズセンサーをもつLX100の勝ちです。ただし、レンズ系が本物のフォーサーズより小さいため、イメージサークルはフルのフォーサーズより小さめになっていますが、RX100のそれよりは大きいのです。

ただ、Panasonicのカメラはファームウェアアップデート対応が非常によろしくないです。オリンパスあたりと好対照といっても良いです。LX100なんかも改善すればいいのに・改善してほしいポイントとかありますが、もはや現役機種ではなくなった今絶望的です。そういう意味ではSONYのほうがいいかもしれませんけど、LX100が好きです。どうもサイバーショットは心理的に好きになれません。理屈じゃ無いです、サイバーショットファンの方、ごめんなさい。まあ、単純に好き嫌いですから。

先の条件のままセンサーサイズを1/1.7にしても電子ビューファインダー搭載機はないのでその条件を外し、さらにF値の広角端下限をF2.9未満とすると残るのは、

  • カシオ HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4000
  • カシオ HIGH SPEED EXILIM EX-ZR4100

です。後者を入手しましたのでこの話は次回。

 

デジタルガジェットカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!