JGC修行を考えてみる(4)

JGC修行を考えてみる(4)

前回

国内だけでプランニング

私は昔(10年ほど前)までは年に一回妻子を残して一人で海外旅行に行っていました。他に家族で一回なので年に二回は行っていたことになります。このころ、ステイタスに目覚めていれば、と思いますが、ひとり旅のほうはマイル利用だったので、ステイタス獲得の立場からすると飛んでないのと同じ。

ともあれ、海外旅行って10年もブランクがあくとめんどくさいんですよね。国内旅行の簡便さを知るなおのこと、であります。

というわけで今回は国内だけでもう少し稼ごうというもの。

ベースは沖縄一泊でファーストクラス 往復のプランに、沖縄二泊にして中1日を沖縄発着で日帰りしようというもの。ただし、30分とかで戻ってくるタッチはなしです。現地空港で少しは美味しいものをゆっくりいただけないかというプラン。

こういうときに役立つのは冊子体の時刻表(pdf)です。各地の空港を起点・終点とした便がわかりやすくかかれていますので、1日で往復可能かどうかが一発でわかります。

前提条件

  • HND-OKAはプチ贅沢にファーストクラスで安い時間帯を選ぶ
  • なか日に那覇発着でどこかへ日帰り往復して少しFOPを稼ぐ。
  • なか日の日帰りはなんちゃらタッチの即折り返しではなく、せめて空港内でゆっくり食事をしたり、できればちょっとでいいので楽しみたい。
  • 若くはないというかそれなりの年齢なので、弾丸スケジュールは避ける。ゆとりをもって!

考えた例は5つ

例はいずれも2018年10月18日で執筆時点(8/20)で空席があり予約可能な便に限定しています。

例1:那覇-新千歳日帰り

現地滞在時間は四時間半ほどあります。札幌往復はちょい厳しいですが、空港内で楽しく過ごせます。新千歳は広いし美味しいものも多いです。

この例では、往復104.800円で11,328FOP稼いで、FOP単価は9.25円/FOP。ちょい高いですね。これはどうしても札幌線の復路が高いのですよ。比較的費用にゆとりのある出張族が多いからねぇ。節約修行族の乗る線じゃないですよ。

例2:那覇-関西日帰り

現地滞在は五時間半。関空で五時間半もなにするのってのがありますが….。関空という場所の不便さ故大阪市内に行くには時間がない。全部で76,380円。FOPは9,032でFOP単価は8.46円/FOP。札幌よりはすこしましかな。

例3:那覇-福岡日帰り

現地滞在五間半ほどあり、福岡空港は博多駅までは地下鉄で5分ほどなので、博多で美味しいお昼をいただいて、どこか近くを一〜二箇所観光してもお釣りがきます。

運賃71.980円でFOPは8,238、FOP単価は8.74円/FOPと悪くはないけどよくもない。その分福岡半日観光を楽しめます。

例4・5:那覇-羽田日帰り

なんのことはない、初日と3日目の羽田から那覇、那覇から羽田を考えると2往復です。しかし、午前中の那覇発は安く、午後の羽田発は安くなるという特性を生かしたものです。

往復クラスJにすると77,460円、FOPは9,870でFOP単価は7.85円/FOP。いいですね、これくらいがいい。

片道だけクラスJなら84,460円、FOPは10,658でFOP単価は7.92円/FOPです。海外発券ではないOKA-SINルートとかでのFOP単価はもこれより高い(単に運賃だけを見れば7円を切ることができますが、サーチャージが時期により結構高いのでそれを考慮すると、単価はこれより上がります)。

那覇-羽田線は福岡や大阪のようにファーストクラスがたくさん飛んでいるわけではなく、往路復路ともに各3フライトのみです。時間的に那覇発往復だとファーストクラスを使えるのは往路のみ、もしくは復路のみになります。那覇線はファーストクラスでも大阪や福岡と違って時間帯によって2万円少々とかなり安いわりに距離がありますので、FOPを稼げて単価が安い。この路線のファーストクラスを使わない手はありません。

この回のまとめ

羽田起点となる私の場合、なか日を那覇-羽田にするのはFOP単価も8円を切りますし、FOPは9,870〜10,658も稼げます。値段を見ながら即予約しちゃえば海外であるOKA-SINと違って準備なしで即いけちゃうのもいいです。ただ、なか日羽田はつまらないですねぇ、いくらなんでも。

いろいろ考えると、羽田から那覇はファーストクラスで安い時間帯に出て一泊、翌日をどこかへ日帰り、三日目の安い時間帯に羽田にファーストクラスで戻る。これで9,000〜10,000FOPかせげます。

2019年も初回搭乗ボーナスFOPが5,000つき、りそなJALスマート口座を年明けに開設すれば1,000FOPがもらえるので、差し引き44,000FOPあればサファイア到達です。

新千歳は高いので除外として、なか日福岡のプランと羽田のプランを組み合わせれば、5回ほどで達成(福岡Verだと5回では足りません)ですね。飽きることもないし、ファーストも使えて満足感があり(逆にサファイアのグレードグレードをとったときには使えるラウンジはサクララウンジになるのでちょっとがっかり?)、羽田以外はプチ楽しみもできていいかも、と思っています。

次回

SFC修行/JGC修行カテゴリの最新記事