海外旅行財布の話(男性限定)

海外旅行財布の話(男性限定)

海外旅行で街歩きサブバッグで悩む男性は多かろうってのがしばらく前に書いた話。

では財布は?

日本人男性に多い長財布

私は以前書きましたが、財布は二つに分けています。ズボンのポケットには二つ折り財布ですが、バッグの中にはラウンドファスナーの長財布。最近、男性でもこういうの持つ人が多いですよね。街で見かけるのは、薄い二つおりの長財布をズボンの後ろポケットに入れて、半分くらいはみ出している人。いかにも、盗ってくれと言っている感じで、大胆というか無神経というか。

欧米男性は長財布は持たない

旅行先や国内で知り合った外国人男性(かなり日本に慣れてしまった人以外)で、長財布を持っている人はいませんでした。長財布はwalletではなくpurseだから….。話は簡単なんですが、これは重要です。日本国内だから男性が長財布をもっていても、だれも不思議には思わないのですが、一歩日本から出れば、ひどく奇異に映ることが多いそうなの注意が必要です。郷に入れば郷に従えっていいますよね。

自分の場合

私が普段国内で持っている財布は、二つ折りの分厚いやつ。ラウンドファスナーで小銭入れがあり、二つ折りを開けるとカード入れがあるやつですね。よく見る分厚いタイプ。

しかし、海外では基本次のようにしています。

  • 小銭はポケットの中にそのまま突っ込む。
  • 紙幣とクレジットカードは二つ折の薄い財布(小銭入れのないやつ)の中に入れてズボンのポケットへ。

財布はこういうやつです。

頂きものですが、COACHのいいやつです。物がいいので、経年変化でぼろくなるよりいい感じになります。

重要なのは薄さです。小銭を入れない、余計なカードは入れないので実際のシチュエーションでも薄いままです。

国内だと、なんだかんだと複数枚のキャッシュカードやクレジットカード、メンバーズカードやポイントカード等々多数あります。ですが、海外旅行でそれらの八割は必要ありません。1~2枚の海外で使えるキャッシュカード、2~3枚の海外で使えるクレジットカード(クレジットとキャッシング)。これらを以前書いたように二つの財布にわけます。そのうちの一つがこの財布。

アメリカ映画とかドラマを見ていると、パリッとしたビジネスマンがズボンの後ろポケットから薄い二つ折り財布を取り出して、さっとカードを出すシーンを多く見ることができます。

後ろポケットに財布を入れるのは、スリ対策としてもあまり好きじゃないですし、何より座った時に違和感がありすぎます、いくら薄い財布でも。私の好みはサイドポケットです。ズボンの後ろポケットは、タイトなズボンだときついですよね、ゆったりしたスラックスだとOKなのかもしれません。

ともあれ、別に「欧米か!」と彼らの真似をするつもりは全くないですが、実際問題、そうしているほうが少なくとも海外では便利なんです。ちょっと街歩きをするときは手ぶらがいいです。昔はカメラもあった方が良いので、どうしてもリュックとか持ちましたが、今ならちょっとした街歩きなら手ぶらで写真もスマホで用が足ります。

ズボンの小銭が増えて来たら、アメリカだとチップボックスに釣り銭を入れたりします。小銭ジャジャラになるので、見ていると結構そういう人いるようですよ。

日本だと合計の端数を小銭を足して支払うことがありますよね。2,042円だと42円と5,000円札を出すなんてのは普通ですよね。こういうのは欧米ではキャッシャーが混乱するからやめた方が良いというのが、通説だったような気がします。

しかし、会計をレジスタが計算してくれるようになり、端数をだしても驚かれることはないように思います。むしろ、$10.27だと$0.27を持っているか?とか聞かれることすらありました。

まあ、ともあれ小銭は使えるときには使った方がいいです。チップボックスに入れるのもありです。

日本でも小銭入れを持たない人

どこで読んだのか・聞いたのか忘れましたが、日本でも薄い札入れに札と最小限のクレジットカードとキャッシュカードのみを入れ、小銭はポケットという話がありました。

その記事(だったか何だったか)では、

  • 朝出かけるときには小銭は一切持たない。
  • 小銭は使えるときにできるだけ使う。
  • 帰宅後ポケットの小銭は缶に入れる。缶の小銭がたまったら銀行で両替する。

というのがありました。

なーるほどです。別にお金を捨てるわけじゃなく単に自宅の缶に貯めてそれをまとめて両替したり預金したりするわけですから、別に無駄遣いするわけではない。

なるほど、なるほど、なーるほど。へぇ、へぇ、へえの3へぇです。目から鱗。やってみようかしらねぇ。

海外ではミニマリストが良い?

こうやって考えてみると、少なくとも海外街歩きではミニマリストになることを徹底した方が良さそうです。検討の価値はありです。

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事