SpigenのiPhone 7/8ケース

iPhoneのケースはこれまで縦開きのフリップケースを使っていました。

マグネットホックではないこと、スナップが右端にありLightningコネクタ部を塞がないのがこの製品のポイント。

当たり前にマグネットホックは他のカード類への影響が嫌だし、ど真ん中にスナップがあると充電の時にスナップを外さないといけないじゃないですか。デザインしたやつ馬鹿じゃないのか、といつも思っていたので、このケースには感動。

しかし、最近iPhoneで写真や動画を撮ることも多くて、そうなるとこのフリップ式は不便です。このケースは通常はカメラ部がふさがっており、フリップを反転させてぐいと下にひかないといけません。普段カメラを使わないならいいですが。

そこで買ったのが、iPhoneケースでは定評のあるSpigenのもの。これは背面にカードが2枚入るようになっており、さらにMILスペック準拠らしい強固さがあります。

一応、電磁シールドのカードがついています。

背面はこんな感じ。iPhoneを入れると一回り大きく分厚く重くなります。

背面のカード入れ部はスライド蓋がカチンとロックされ自然に開く心配はありません。カードは2枚まで入ります。

カメラ部はこのとおり。背面の厚みがわかりますね。

スイッチ部分。結構側面のガードも分厚いです。

結構分厚くなる。

内側はこんな感じ。

重く分厚くなりますが、安心感はそれ以上です。

カード入れにはApple Payと一緒によく使うTカードと、勤務先ビルの商業施設で使えるポイントカードを入れています。

TPUのケースより数段大きな安心感があります。

大きく重くなるのを厭わず、安心感を買いたい人にオススメ。