旅行に持っていると便利な電源関連の一品

昔、携帯電話なんかなかった頃は、旅行に行くのに充電器が必要なんてありえなかったですね。

それが今は、スマートホン(下手すりゃ一人2台以上)、タブレット、デジタルカメラ、ビデオカメラ、充電器、ICレコーダー等々まあいろいろバッテリーが必要なものがありますこと。

最近でこそ、microUSBで充電可能な機器が増えてきましたけど、まあ、それでも大変。

そんなときに活躍するのがこれ。

AC100-240V耐圧で、国内向けにはPSEマークがついていて海外でも(プラグアダプタを使えば)使用可能なACタップです。

単なるACタップではなく、2ポートで合計3AまでのUSB充電ポートもついています。つまり100-240V対応のUSB充電器にACタップがついたもの。

もちろん、変圧器が入っているわけではないので、このACプラグを海外で使える機器はAC100-240V対応の機器に限定されますが、最近のデジカメバッテリー充電器などはほとんどがAC100-240V対応だと思うので、そうした充電器の類もACコンセントが4口ついているのでバッチリ使えます。

よく考えてあるのは、2口ずつ向きが違うこと。したがって大きめのACアダプタとか充電器が両隣のコンセントをふさいでしまうということもまずありません。

これ、成田空港の家電店で見つけて速攻で買ったのですが、いやぁ、買ってよかったです。

国内旅行でもこれは必ず持っていきます。

というのも、ホテルによってはコンセントの位置がわるかったりして、ACアダプタがさせないなんてところがたまにありますが、これがあればOK。ACコードんも1.2mあります。

この優れた一品についてYouTubeの動画で紹介しておりますので、あわせてご覧ください。

 

いかがでしょうか?

まるでテレビショッピングみたいですが、一つあると便利なのは間違い無いです。

YouTubeのチャンネル登録も併せてお願いします。




コメントを残す