Galaxy歴最高のサポート!S24シリーズは7世代のOS・セキュリティアップデート提供

Galaxy歴最高のサポート!S24シリーズは7世代のOS・セキュリティアップデート提供
記事内に広告が含まれています。

これまでSamsungのGalaxy S21シリーズ以降では、4世代のOSアップアップグレードと5年間のセキュリティアップデートの提供するとしていました。今回Galaxy S24シリーズが発表された中で、Galaxy S24シリーズは歴代最長の7世代のOSアップグレード・7年間のセキュリティアップデートを提供するとしています。


2023年の各社世界シェア

IDCが2023通年でのスマートフォンのメーカー別シェアを発表しています。

[IDC] Apple Grabs the Top Spot in the Smartphone Market in 2023 along with Record High Market Share Despite the Overall Market Dropping 3.2%, According to IDC Tracker

これによれば2023年でのシェアは以下の通りとなります。

メーカーと国籍2023年シェア対前年
出荷台数の増減
Apple(米)20.1%+3.7%
Samsung(韓)19.4%-13.6%
Xiaomi(中)12.5%-4.7%
OPPO(中)8.8%-9.9%
Transsion(中)8.1%+30.8%
その他31.0%-4.1%
合計100%-3.2%
Source: IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker, January 16, 2024

Appleが1/5を占め、ほぼ同じ割合をSamsungが占めています。2022年はAppleが18.8%でSamsungは21.7%でしたので逆転したわけです。

トップシェアであるiPhoneの旧モデルへのOSサポートは結構長期間でiOS17で2017年発売のiPhone 8とiPhone Xが対象外となりましたので、およそ7年間提供されていたことになります。

一位・二位を争うSamsungがGalaxy S24シリーズで「7世代」「7年間」というのを打ち出したのは、高価格モデルでの一つのスタンダードになりうるでしょう。

7世代・7年間アップデート

7年間一つのスマートフォンを使い続けることは稀だとは思いますが、Galaxy S24シリーズからは7世代のOSアップグレード・7年間のセキュリティアップデート提供を表明しました。

[Samsungプレスリリース (2024年4月3日)] au「Galaxy S24」「Galaxy S24 Ultra」2024年4月11日(木)国内発売決定 & 本日予約開始

上記プレスリリースに「国内版の「Galaxy S24シリーズ」より「7世代のOSアップグレード」「7年間のセキュリティアップデート」の 提供を開始いたします。」とあります。

ぶっちゃけ2031年4月までの7年間S24シリーズを安心して使えるわけです。

意識した方が良いのはOSアップグレードよりもセキュリティアップデートです。これが早々になくなるようなスマートフォンは買うべきではありません。セキュリティアップデートが提供されないと脆弱性がそのままになってしまいます。



【広告】

Google Pixelのアップデート提供は?

Android本家であるGoogleはどうなっているのか?

[Google公式] Google Pixel にソフトウェア アップデートが提供されるタイミング

これによれば、Pixel 8とPixel 8 Proは米国のGoogleストアでの販売開始から最低7年間提供されるとあります。具体的にはOSアップグレードは2030年10月まで、セキュリティアップデートも同じく2030年10月までとなっています。

単純に考えるとS24シリーズは2031年4月ごろまでは提供されるということになり、一応本家Googleとは同等程度だと言えます。

まとめ

スマートフォンを選ぶ上で、OSアップグレードの提供やセキュリティアップデートの提供も重要な選択指標である。

Galaxy S24シリーズからは7世代のOSアップグレードと7年間のセキュリティアップデートが提供されるので2031年4月ごろまでは、まあ安心して使えるであろう(ハード故障は別)。



【広告】

モバイル・関連ガジェットカテゴリの最新記事