iPhone 11 Pro発表! 買い替え? しません!

iPhone 11 Pro発表! 買い替え? しません!

iPhoneが日本市場に投入されたのは2008年7月、今から11年前です。以来毎年新機種が発表されてきましたが、もう性能向上も頭打ちになりつつあり、昔のようには買い替えなくなりました。この記事ではそのあたりを振り返りたいと思います。

iPhoneの日本での歴史

iPhoneが日本市場に投入されてからの流れを振り返りましょう。(Wikipediaの記述を参照しました)

モデル 発表年月 購入年月
iPhone 3G 2008年7月 2009年4月
iPhone 3GS 2009年6月  
iPhone 4 2010年6月 2010年7月
iPhone 4s 2011年10月  
Phone 5 2012年9月 2012年9月
iPhone 5s/5c 2013年9月  
iPhone 6/6 Plus 2014年9月 2014年9月
iPhone 6s/6s Plus 2015年9月  
iPhone SE 2016年3月 2017年1月
iPhone 7/7 Plus 2016年9月 2016年9月
iPhone 8/8 Plus/X 2017年9月 2017年11月 iPhone X
2018年4月 iPhone 8
iPhone XS/XS Max/XR 2018年9月  
iPhone 11/11 Pro/11 Pro Max 2019年9月  

途中のiPhone SEを除けば見事に毎年、それも2012年以来9月に発表ということになっています。

従来は、4→5はメジャーな仕様変更、”S”はちょい変えのスタンスだったのですが、X登場あたりから様相が変わってきました。

iPhone SEを除いて6s→7はメジャー仕様変更でした。8は登場時に揶揄されたとおり、8は実質的には7sといえるものです。

そして同じく発表されたX/XS、これは全くの新機軸での出発機です。Touch IDを廃止してFace IDにしたのです

XのシリーズがiPhoneの新規蒔き直しのスタートモデルといえます。

その意味からは確かに仕様をみてもXSはXのちょい替えです。Xの人がわざわざXSを買うとは考えにくい。

そしてiPhone 11。

XR→11
XS→11 Pro
XS Max→11 Pro Max

という具合ですね。セオリーどおり今回はちょい替えよりは大きい変更。特にProモデルは三つ目になりました。メインストリームはもちろんXSシリーズ後継となる11 Proシリーズ。

もはや8の後継の片鱗もない(笑)

iPhone購入の歴史

マニアな方は毎年買い替え(買い足し)ておられるでしょうが、さすがに先立つものの都合があり、ちょい替えの”S”は飛ばしてきたのが私の買い方でした。

みなさんはいかがでしょうか?

先の表をみていただくとお分かりの通り、2008年のiPhone 3G以来、2016年のiPhone 7までは順調に2年ごとの買い替えをしておりました。

ちょい替えはパスしていたのです。

途中のiPone SEはメインではなくサブ機としてかったもので、文字もグレーの斜字にしております。

このペースだと2018年9月のiPhone XSになるはずでしたが、途中iPhone Xに浮気しました。

しかし、Xはジーンズの前ポケットに入らない!

そしてその時iPhone 8 (PRODUCT)REDが出たので、大好きな赤のiPhoneに速攻で乗り換えて、無事ジーンズの前ポケットに収まるようになりました。

このサイクルならば2020年9月が買い替えということになります。少なくとも今年の11はパスです。

iPhone 11シリーズに食指が動かない理由

みなさんはいかがでしょうか?

買い換えるかどうかは今使っている機種次第ですよね。

かつて自分にとって画期的だったのがApple Pay対応・Suica対応でした。それまではAndroidのおサイフケータイにた頼らざるを得なかったので画期的。

さらにAppleWatchが出て、AppleWatchにSuicaを入れたらもう別世界。

そういうエポックメイキングな機能はiPhone 7が最後です。今はもっぱからディスプレイとカメラ。

Appleのサイトを見ると今回のウリは三つ目カメラ。ラピュタに出てくる王蟲(おうむ)を想起させるとか、巨神兵の顔だとか(笑)。実際、近年のモデルは機能的なものはほとんど目新しいのはなくて、パネルがより高精細でクリアになったとかありますが、メインの訴求はカメラ機能ばかりです。

確かにカメラはよく使います、何と言っても手軽なのはすごいけど、やはりRX100M5とかには勝てない。私はそこまでiPhoneのカメラ機能を重視していない

iPhone 11でもでかい。4.7インチのiPhone 8サイズの後継が欲しい。

性能的にiPhone 8に不満を感じないので、バッテリーが弱ったらバッテリー交換して使い続ける。

まとめ

iPhone買い替えはバッテリー的にも最短2年に1度で十分で、最近は性能向上度合いも鈍化しているので、バッテリー交換修理をして3年くらいは持たせても全く問題ない。

昔はバッテリーの弱りがさよなら時だったのだが、今はそうではない。バッテリー交換して使い続けて3年・4年で買い替えて初めて進化を実感でき、投資の価値を認めることができる。

私はAppleWatchがないと困る状態なのですが、もしAppleWatchの縛りがなかったら、Androidメインにするのもありです。今の所iPhoneそのものよりAppleWatchがあるからiPhoneを使い続けているといえます(Appleの術中にはまっている)。

モバイルカテゴリの最新記事