格安完全ワイヤレスイヤホンをWF-1000XM3と比べてみた

格安完全ワイヤレスイヤホンをWF-1000XM3と比べてみた

SONYの完全ワイヤレスイヤホンWF-1000XM3を購入以来、毎日の通勤で愛用しております。それを基準にして格安系完全ワイヤレスの3種を独断と偏見で比べてみました。

比較にあたり、SONY WF-1000XM3を基準として、すなわちWF-1000XM3を★5つとしての相対評価としました。客観的にみてそのほうがわかりやすいかと思います。

SONY WF-1000XM3

特徴

SONYのフラグシップ完全ワイヤレスイヤホンの第2世代となります。第1世代のWF-1000Xがバッテリー駆動はユニット本体が3時間で、充電ケースで2回分の充電ができますので都合9時間という短さで、AirPodsの1/3ほどにしかなりませんでした。

第2世代のWF-1000XM3は劇的に進化し、バッテリー駆動ではユニット本体で旧モデルの2倍となる6時間(NC ON)、さらに充電ケースで3回分充電できますので、AirPodsと同じ24時間となりました。

ノイズキャンセリングに関してはトップクラスの性能を誇ります。

評価

このWF-1000XM3を基準とした相対評価としますので、ここでは各評価を★5つの満点としておきます。

フィット感★★★★★
遮音性★★★★★ (ノイズキャンセリングオフを基準とします)
高音★★★★★
低音★★★★★
バランス★★★★★
解像度★★★★★

iPhone 8 (iOS13.1.2)で通常は聞いていますが、片側だけや両側の音の途切れは使っている範囲において全くありません。

危険をさけるために片方だけ装着しておき、電車に乗ってから残り片方をケースから出して装着しても、すぐに接続されます。一旦ケースに戻したりする必要は皆無です。

ノイズキャンセリング性能は、WH-1000XM3のトップクラスのものを受け継いだピカイチであり、毎日の通勤で使っていますが走行中の地下鉄でも非常に静かに音楽に浸ることができます。走行中の地下鉄でラベルのボレロの始まり部分を聞き取れるイヤホン・ヘッドホンはそうそうないと思います。

GLIDiC Sound Air TW-5000

特徴

私が最初に買った完全ワイヤレスです。

本体ユニットで3時間、充電ケースを使って10時間とカタログスペックにありますので、初代のWF-1000Xと同程度。ぎりぎり東京から新大阪までは持つかなという感じです。

AirPodsには及びませんが、ケースは今回の4モデルの中で最小です。

評価

フィット感★★ (どのイヤーピースをつけてもしっくりこない)
遮音性★★ (しっくりフィットしないので音が入ってくる)
高音★★ (ある程度からストンと落ちる中波ラジオの音)
低音★ (フィット感のなさから低音が全くでない)
バランス★★ (かまぼこ型特性だがバランスは悪くない)
解像度★★★ (音のバランスは悪いが、

価格が違いすぎるとは言え、今回の4機種では最低最悪。AirPodsのほうがはるかにいいです。買ってはいけないモデル。

AKIKI TWS-P10

特徴

3500mAhのバッテリー搭載で、5V 1A出力のモバイルバッテリーとしても使えるという触れ込み。Amazonで価格のわりに音が良いというので、すごく評判になったイヤホン。

すでにAmazonから消えているので、バッテリー駆動時間など詳細は不明ですが、3500mAhのバッテリーを積んでいるのですから、まあ、普通に考えてケース充電を含めて数十時間はくだらないと推測。

評価

フィット感★★★ (悪くはない、普通)
遮音性★★★ (まあ普通)
高音★★ (低音に完全に負けている感じ)
低音★★ (ボリュームはあるが解像感がなくボワボワする)
バランス★ (かなりずんずんとぼけぼけの低音寄り)
解像度★★ (低音だけが出てボワボワのボケボケ)

Amazonでの評価の高さはやらせだろうと思わせる感じです。評判ほど大したことはないし、今時5V 1A 3500mAhのモバイルバッテリーではどうにもりません。

Joyhouse TWS-T9

特徴

6000mAhのバッテリーを搭載し、5V 2Aのモバイルバッテリーとして使用可能。5V 2A(実際にそれだけでるかどうか測っていませんが)あればまあ実用的ではあります。

電池残量がデジタル表示されてカッチョいいのですが、実用的かどうか微妙。ないよりいいですが、デジタル表示まではいらないかもしれません。

6000mAhのモバイルバッテリーと同程度の重量がありますので、ケースごと持つとイヤホンとは思えない重さになります。小型モバイルバッテリーだと思えば別段重くはありません。

WF^1000XM3と同様、充電はUSB TYPE-Cなので、microUSB駆逐に寄与してくれます。

評価

フィット感★★★★ (イヤーピースを選べばかなりフィットします)
遮音性★★★★ (フィット感が良いのでかなり高い遮音性)
高音★★★ (低音に負け気味だが、女性ボーカルも綺麗)
低音★★★ (解像度はいまいちですがしっかり鳴らしてくれます)
バランス★★★ (ちょっと低音強すぎ、イコライザで絞りたい)
解像度★★★ (低音でボケ気味だが全体的には悪くない)

今回の格安系の中では一番まとも。私はジムではこれを使ってpodcastや音楽を聴きながらせっせとトレーニングしています。フィット感が良いので外れたりしませんし、その結果遮音性も高くなっています。

まとめ

格安系では、Joyhouse TWS-T9が一番まともな感じで、5,000円未満という価格を考えるとかなりお買い得。6,000mAh 5V/2Aのモバイルバッテリーとしてもまあ実用レベルではないかと思います(実際の供給特性は未測定なのでカタログレベルでの話)。

バッテリーとイヤホンと両方持ちたくないなら、Joyhouse TWS-T9一択です。

オーディオカテゴリの最新記事