純正の1/4の価格で使いごごちが良いiPad Pro 11用Smart Folioもどきのカバー

純正の1/4の価格で使いごごちが良いiPad Pro 11用Smart Folioもどきのカバー

iPad Pro 11の背面も液晶面もほごしたいカバーということでは純正品でSmart Folioがありますが、税込1万円を越えてしまいます。いくらなんでも皮革でもないのに1万円はないだろうと思いませんか。そこでその1/4以下の価格で買える同等品を紹介しましょう。

Smart Keyboard Folio

背面もカバーしてくれなおかつ内蔵電源レスのキーボードもついているのが純正のSmart Keyboard Folioです。

このキーボードにロジクールの薄型マウスPebble M350、Ankerのスリム型PD対応30W充電器PowerPort III Slimをセットにして持ち歩いています。

これがキーボードのタッチの悪さと音の大きさを除けば最高です。

しかし、ロジクールのマルチデバイス ワイヤレスキーボード K380を持てる場合には、Smart Keyboard Folioは邪魔です。iPadを立てるスタンドは必要ですがキーボードはむしろ邪魔です。

Smart Keyboard Folioは構造上キーボードを後ろに回した状態でiPadを立てることができません。

Smart Folio

そういう時にはキーボードのないただのSmart Folioが欲しいなとおもいます。

Smart Folioは皮革でもない素材のカバーのくせに1万円を超える価格です。

馬鹿馬鹿しい!

そこまでAppleに献金するほとお人好しじゃありませんよ。

探せば類似品があるのがこの世界。

みつけましたよ、Amaonで。

ESR iPad Pro 11 ケース 2018モデル

私が買ったのは2,399円なので、Smart Folio税込み10,780円の1/4以下です。

なんでカバーごときに1万円もださにゃあならん?皮ならともかく!です、しつこいけど。

Smart Keyboard FolioとESRカバーの比較

Smart Folioは買うのもばかばかしいので持っていませんから、Smart Keyboard Folioと比較してみましょう。

まずは外装パッケージから。

まあ日本製のわけがありませんがな、この価格で。

内側はiPad Proを傷つけないように起毛素材です。

当然ですが、カメラ穴もしっかりと開いています。

色味は少々違います。

Smart Keyboard Folioは297gです。

ESRのカバーは232gと65g軽いです。

たかが65gですが、単体で持ち比べても装着してもち比べても相当重量感に差があり、ESRのほうがかなり軽く感じます。

このカバーを装着してロジクール マルチデバイスキーボード K380を使うとこんな感じになります。

なんかスマートな感じがしませんでしょうか?

キーボード持ち運びがちょっと嵩張りますが、K380のタイピングはこのサイズとしては秀逸です。タイプ音も低くて小さく、Smart Keyboard Folioのように机上を直接叩くような甲高いひびきはありません。

可能ならこちらで持ち歩きたいところですが、想定する用途次第ですね。がっつり文章をかくならこれですし、多少妥協しても荷物の軽さと嵩の小ささ重点ならばSmart Keyboard Folioです。

まとめ

最小限の荷物でタイピングもしたいならSmart Keyboard Folio一択だが、タイプ心地は悪く甲高いタイプ音が気になる。

ロジクールK380のようなキーボードを別持ちするならキーボード機能のないSmart Folioが良いがたかがカバーに1万円以上もばかばかしい。

AmazonではESRというブランドからSmart Folioの1/4以下の価格でSmat Folioもどきが買える。軽くて使い心地はGOODでおすすめ。

モバイルカテゴリの最新記事