iPadのBluetoothキーボード配列(US/JIS)はある条件により勝手に変わる!

iPadのBluetoothキーボード配列(US/JIS)はある条件により勝手に変わる!

iPadにBluetoothキーボードを繋ぐと一部のキーボードを除けば英語配列(US)になってしまい変えられないというのが定説です。確かにそのとおりなのですが、実はそうでもないことに気づきました。

Smart Keyboard Folio

以前の記事(下記)と若干重複しますがSmart Keyboard Folioについて簡単に説明しておきます。

iPad Proにどのキーボードが快適か、いろいろ繋いでみた

Apple純正のiPad Pro用カバー兼薄型キーボードです。

私が持っているのはJIS配列(日本語配列)です。

このSmart Keyboard Folioは、たかがキーボードと背面&ガラス面カバーにすぎません。それが19,800円+消費税という馬鹿高い価格で平然と販売されています。他に同一機能の選択肢がないのでこうした使い方をしたければ買うしかないという、なんだかなぁ商品。

しかしワイヤレスキーボードではないので別電源やペアリング・設定の類は一切不要なのでちょーお手軽であるのは間違いないです。

<良いところ>

  • キーボードにカバーがついても合計で本体+297gにしかならない。
  • タイプしたいときにさっとキーボードでタイプできるので、仮装キーボードの使いにくさとは別世界でスムーズにタイプできる。
  • 有線(3接点のpogo pin)接続で、ペアリングや各種設定、充電や電池は不要。

<困ったところ>

  • 19,800円+消費税という価格はいくらAppleオリジナルの専用品でも高すぎる。
  • キータッチがあまり良くない。
  • 薄いフラットなタイプなので打鍵の衝撃が机にモロに伝わり結構高い打鍵音がする。

このように不満点も多いわけで、できれば違うキーボードの選択肢もほしい。

オススメのロジクール K380

前述の記事にも書いていますが、オススメしたいのは「ロジクール マルチデバイス ワイヤレスキーボード K380」です。

キーピッチは19mmの標準ですがキートップは普通の四角ではなく円形です。この円形が意外なことに結構タイプしやすく、指先で他のキーの隅っこを一緒に押してしまうというミスタッチもふせげます。

そしてこのキーボードのキートップ面はちょっと変わっています。

上の2枚の写真をみてお分かりの通り、白い通常のJIS配列準拠のキートップに薄いグレーでUS配列準拠の記号の印刷があります。

どういうことでしょうか?

英語キートップとしても使えまっせってことでしょうな。

iPadにつなぐまでは気づきませんでした、このダブルキートップ印刷のメリットに。

iPadのBluetoothキーボードのふるまい

このK380をiPadに繋いで、そのときにより記号配列がUSだったりJISだったりと変わることに気づきました。iPadの設定は一切いじっていないのにです。

Smart Keyboard Folioと同時接続した場合。

あまりないとは思いますが、こういうことです。

私のSmart Keyboard FolioはJIS準拠の日本語配列です。

それを装着した状態で、追加でこのBluetoothキーボード K380をつなぐと白い通常の日本語キーボード刻印のとおりに入力できます。つまり「2」をシフトキーを押しながら叩くと「@」ではなく「”」が入力されます。

K380単体で接続した場合

Smart Keyboard Folioを外してから、Bluetoothキーボード K380を接続すると、こんどは世間様のおっしゃるとおり、英語キー配列になります。

つまり薄いグレーの印刷のとおりです。

「2」を押すと「@」が出るようになります。

分かったようなわからないような話ですが、ハードウェアキーボード配列は同時に複数種類を使い分けているではなく、Smart Keyboard Folioに左右されるようです。

ここから先は持っていないので推測になりますが、英語配列のSmart Keyboard Folioだと何をどうやっても英語配列になるのかもしれません。

英語版Apple Wireless Ekyboardではどうか?

このキーボードです。単3電池を2本つかう昔のタイプです。

この場合も、K380と同じ現象となります。

iPadの外付けBluetoothキーボードの配列は、Smart Keyboard Folio(日本語配列)と同時に接続すると、Smart Keyboard Folioと同じ日本語配列になり、Bluetooth Keyboard単体で接続すると英語配列になる

これが真実かどうかわかりませんが、試した範囲ではSmart Keyboard Folioの配列に引きずられるようです。

英語配列のSmart Keyboard Folioがあれば確実に検証できるのですが、さすがに2万円も出してつかいここちがあまりよろしくないSmart Keyboard Folioをもう一つ買おうとはおもいません。

まとめ

iPadのBluetooth Keyboard配列(日本語・英語)は、ハードウェアキーボードであるSmart Keyboard Folioに引きずられる。

Bluetooth Keyboard接続時点で日本語Smart Keyboard Folioがあれば、強制的に日本語配列になり、そうでない場合は強制的に英語配列になる。

 

 

モバイルカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!