ANAの神対応、マイル有効期限を2021年3月末まで延長

ANAの神対応、マイル有効期限を2021年3月末まで延長

ANAは今回の新型コロナウイルス感染拡大による減便等へのお詫び対応としてPP2倍付けを発表しましたが、同時にマイルの有効期限延長も発表しています。

マイル有効期限延長とは?

ご承知の通り、ANA(JALも)ではマイルの有効期限は3年間となっています。

今回は、減便どころか外務省が全世界に対してレベル1の注意情報を出したり、各国が入国拒否やビザの全面キャンセルなどを打ち出しており、そもそも海外旅行の見通しが立たなくなっています。

そのため、本来なら今年の夏にでもマイルでハワイに行こう!とか思っていた方も半ば絶望的になっています。

そうなると、マイルが失効してしまう人も出てきます。

そこでANAが打ち出したのがマイルの無条件期間延長です。

2020年3月31日~2021年2月28日までに有効期限を迎えるマイルについて2021年3月31日まで有効期限を延長する。

詳細:

・手続きは一切不要でANAがすべて行う。
・有効期限を迎えたマイルは一旦失効するが、翌月下旬頃に2021年3月31日の有効期限として同数のマイルが積算される。

いかがでしょうか?

2020年3月31日~2021年2月28日までに有効期限を迎えるマイルがどれくらいありますか?

筆者の場合は34、331マイルありました。

150、0000で来年ファーストクラスでスミソニアン博物館三昧しようと思っていますので、この34,331マイルを失うのは痛いですから、助かりますね。

まとめ

ANAでは新型頃内ウィルスの感染拡大に伴うANAマイレージクラブの特別対応として、2020年3月31日~2021年2月28日までに有効期限を迎えるマイルについて2021年3月31日まで有効期限を延長する。

延長には特別な手続きは不要で、期限が来ると一旦執行するが翌月に2021年2月28日まで有効なマイルとして積算される。

旅行・飛行機・鉄道カテゴリの最新記事