猫の香箱座りって不思議!

  • 2020.08.04
猫の香箱座りって不思議!

筆者は昔実家では二世代・計5匹の雑種犬を飼った経験がありますが、猫は今のマロン(ラグドール)とメル(保護猫ですがどうみてもスノーシュー)が初めてです。それで気づいたのが猫の香箱座り。これ、犬では見たことがないんですよね….。そんな猫の香箱座り。

香箱座りとは

香箱座りというのは、前足を2つに折って伏せみたいな姿勢になること。前足が人間の正座の足みたいになる座り方です。

こういう座り方ですね。

犬だとスフィンクスのように前足を伸ばした姿勢になり、猫のように前足を内側に折ることはできません。

Wikipediaより、「ギザの大スフィンクス」

しかし、猫だと上の写真のようになります。別の角度で見るとこれ。

前足の長い猫、太った猫、体の大きな猫、スコティッシュフォールドなど足の関節に異常の多い種類の猫は、前足に負担がかかるため香箱座りの姿勢を取りにくい。香箱座りは猫の座法として有名であるがネコ科動物であるトラやライオンはもとより犬、ヤギ、クマなども香箱座りをすることもある。
出典:Wikipedia「香箱座り」より

え?

犬でも香箱座りするんですか?

調べてみたらたしかに犬でもするようです。

たまたま我が家の犬がしなかっただけでしょうか。

この姿勢は危険が近づいても即座に立ち上がることができないので、周囲に危険がなくリラックスできるときの姿勢だといいますが、でも、人間的考えでは「その前足はしびれないの?」ってこと。

ちなみに、英語では「香箱座り」のことを「catloaf(キャットローフ)」といいます。ミートローフの親戚的単語ですね。全体がミートローフに似ているから…かもしれません。

ガラステーブルの上で香箱座りとかしてくれると下からよく見えるのですが….

考えてみると下が柔らかめのところでしか香箱座りって見たこと無い気がします。

硬い床の上で香箱座りってのはやはり足がしびれるのでしょうか?

同じネコ科のライオンさん。
多摩動物園の動画に香箱座りをするメスライオンが居ました。
香箱座りは1:18あたりです。

なんだか巨大な猫に見えます。

そういえばマロン(ラグドール)ってあまり香箱座りしないなぁ。

まとめ

猫の香箱座りはリラックスしている証拠である。

ネコ科動物であるトラやライオンはもとより犬、ヤギ、クマなども香箱座りをすることもある。

カテゴリの最新記事