楽天モバイルのeSIMをnanoSIMに変更

楽天モバイルのeSIMをnanoSIMに変更

どうにも使いみちがなくなってしまった楽天ミニ。いくらあと数ヶ月はゼロ円とはいえ、そのままにしておくのももったいないので、nanoSIMに変更して近日中に手元に届くであろうUnihertz Jelly 2で使うことにしました。

楽天モバイルのSIM変更は無料

他のキャリアやMVNOではSIMの形態を変えるのは有償というが一般的かと思いますが、楽天モバイルは無料なんですね。

冒頭に書いたとおり、使う予定のない楽天ミニのeSIMをnanoSIMに変更手続きをします。

手順

SIMの変更はmy楽天モバイル(Webまたはアプリ)から行います。

以下ではmy楽天モバイルアプリの例ですが、Webでも同じです。

この例はAndorid版my楽天モバイルアプリです。

この画面から下部中央の「契約プラン」をタップします。

契約情報画面になりますので、赤文字の「各種手続き」をタップします。

各種手続き画面になりますので、一番上にある「SIM交換」をタップします。

理由は「その他の理由」をタップして選択肢、SIMタイプは「nanoSIM」を選択し再発行を申請する」をタップしたら終了です。

SIM変更にかかった日数

サポートは最悪中の最悪な楽天モバイルですが、機械的にというかほぼ自動的に作業ができてしまうSIM再発行は実に早いです。

驚くべき速さ。

筆者が申請したのはこの三連休中でした。

1月9日(土)夕方:eSIM→nanoSIMへの変更(再発行)を申し込み
1月10日(日)夜:SIM発送通知
1月11日(月)午前:クロネコヤマトにてSIM到着

丸2日かからずに到着です。

むしろこのSIMをセットしようとしているJelly 2がまだ届かない(苦笑)

nanoSIMが届いてからすること

具体的には楽天モバイルのサイトにあります。

手順概略:
1.my楽天モバイル(アプリでもWebでも)にログイン
2.画面右上の三本線メニューから「お申し込み履歴」をタップする
3.「SIMの初期設定をする」をタップ

これで完了ですので、あとはSIMをスマートフォンにセットして必要であればAP情報をセットして完了です。

まとめ

楽天ミニのeSIMをnanoSIMに変更(再発行)するのはmy楽天モバイルのアプリかWebから手続き。

再発行は無料であり費用はかからないのはGOOD。

手続き完了後の翌々日にはnanoSIMが届いた(筆者の場合)。

モバイルカテゴリの最新記事