懐かしいフィンガーチョコ、何とカバヤから出ていた

  • 2022.04.27
懐かしいフィンガーチョコ、何とカバヤから出ていた

筆者にとって子供の頃の懐かしいチョコレート菓子が「フィンガーチョコ」です。なかなか見かけることがなかったのですが、先日スーパーで見かけたので即買い!

森永フィンガーチョコレート

森永の歴史年表によれば、最初の発売は大正6年(1917年)だったそうですが、その後太平洋戦争が終わって昭和28年(1953年)に再度発売されたそうです。

銀色の包紙が眩しかったのを覚えています。

中のビスケットとチョコレートコーティングのバランスが絶妙で、食べ始めると止まらない。

個包装の銀紙を丸めて銀のボールにしたりしたものです。

いつの間にか終売しておりまして、いつ終わってしまったのかわかりません。

カバヤフィンガーチョコレート

森永のフィンガーチョコレートはいつの間にかなくなっておりましたが、現在はカバヤからフィンガーチョコレートという名前で同じタイプのものが販売されています。

発売日は比較的あたらしくて2018年09月18日だそうです。

これです。

裏の表示を見るとこうなっています。

中の個包装は金・銀・ピンクとカラフルになっています。

大きなスーパーだと扱っているかもしれません。

フィンガーチョコの中

一つ取り出して包装をめくってみます。

懐かしい形です。

ポキリと二つに折ってみると断面はこうなっています。

森永のものと味が違うはずですが、どう違うのかは今となってはわかりません。

でも、なつかしい。

ついつい食べ過ぎちゃう。

おまけ:過去にはメリーからも出ていた

筆者の旧ブログで取り上げていますが、メリーチョコレートから一時「テーブルチョコ」という商品名で同じものが販売されていました。

これももう販売されていませんが…。

こちらは金紙オンリーのようで。

 

なんだか、昭和のお菓子をみかけるとつい買ってしまいます。

カバヤのジューシーとかも好きだったなぁ。

カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!