Apple Watchのマナーモードはシアターモードを使うのがおすすめ

Apple Watchのマナーモードはシアターモードを使うのがおすすめ

Apple Watchで通知音をONにしていると、通知のときにチーンと音がなります。iPhoneなら左側面のサイレントスイッチをONにすればマナーモードになりますが、Apple Watchで簡単にマナーモードにするにはシアターモードがおすすめです。

この記事でわかること
・Apple Watchをマナーモードにする方法
・シアターモードと消音モードの違い
・シアターモードの特徴

Apple Watchのマナーモード(消音モード)

映画館や劇場、会議などでApple Watchの通知音(「チーン」)を消すには2つのアプローチがあります。

[1] 消音モードをオンにする
[2] シアターモードをオンにする

消音モード

文字盤画面で下から上にスワイプするか、アプリ画面で画面下部をタッチして押さえたままにしてから、上にスワイプしてコントロールセンターを開きます。

ベルアイコンをタップすると、赤くなって斜め線が入ります。

これでApple Watchは消音モードになりました。

消音モード
・着信音、通知音をオフにすることができます。
・アラーム音もオフになります。
・触覚による通知の設定は変わりません。
・充電中の場合、アラームとタイマーは消音モードでも鳴ります。

通知が届いた時に、3秒以降画面を手で覆うことで素早く消音モードになります。

この場合、気づかずに消音モードになっていることがありますので、消音モードになっていても画面上ではわからないので、何だか通知音がならないと思ったら、消音モードになっていないかを確認してください。

シアターモード

文字盤画面で下から上にスワイプするか、アプリ画面で画面下部をタッチして押さえたままにしてから、上にスワイプしてコントロールセンターを開きます。

仮面アイコンをタップすると、赤くなって斜め線が入ります。

余談ですが、この仮面アイコンは「オペラ座の怪人」をイメージしたのでしょうか?

これでApple Watchはシアターモードになりました。

消音モードとは異なり文字盤にもシアターモードであることがわかるように仮面アイコンが表示されます。

シアターモード
・画面の常時表示がオフになります。
・画面の手首を上げても画面が点灯しなくなります。
・タップするか、デジタルクラウンかサイドボタンを押すと一定時間点灯します。
・点灯した画面は手で覆い隠すことで消灯します。
・消音モードが同時にオンになります。
・触覚による通知は通常通り行われます。
・トランシーバーは会話不可になります。

消音モードとシアターモードはどちらがおすすめ?

シアターモードは消音モードに加えて、画面消灯・トランシーバー会話不可となります。

端的に言えば、劇場や映画館で音を鳴らしたいだけではなく、通知による画面も点灯させたくない場合に適しています。

 

POINT
文字盤画面を見ても現在消音モードであるかどうかわかありませんが、シアターモードでは文字盤であれば文字盤上部、アプリ画面であれば右上の時計表示の隣に仮面アイコンが表示され、現在シアターモードであることがわかり解除を忘れることも少なくなります。

ただし、手動で消音モードにした上で、シアターモードもオンにすると、シアターモードを解除しても消音モードは自動解除されませんのでご注意ください。l

まとめ

Apple Watchで音を消すには消音モードとシアターモードがある。

どちらも文字盤画面を下から上にスワイプして出てくるコントロールセンターでONにできる。

シアターモードでは現在シアターモードであることがわかる(仮面アイコンが画面に出る)ので解除忘れもすくなくなり、消音よりシアターモードがおすすめである。

デジタルガジェットカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!